一生独身かもしれない人の特徴と理由

60d15286d34ce07ba334908ce69d1ebf_s

美人、イケメンと言われながらも適齢期を過ぎ、アラサー・アラフォーと呼ばれる年代になったあなた! 一生独身かも知れないと思ったことありませんか?そんなあなたの特徴、結婚出来ない理由をリサーチしてみました。

■「一生を独身で終える人」の6つの特徴 「当てはまりすぎる!」

一生独身でいる可能性が高いのでは?と思われている人の特徴

13723f9ae6a8d0d146536e49b3ecf1c1_s

1. 部屋が汚い

2. 遅刻しやすい

3. 忘れ物をしやすい

4. 仕事や勉強がいつも一夜漬け

5. 好き嫌いによって集中力や完成度の差が激しい

6. 感情や好不調に波がある

◇女性編

男性が思う「一生独身でいそうな女性の特徴」

58d4f806af31dac160d106e37996f973_s

キレイな女性なのになぜかモテない…そんな女性は少なくありません。そのような女性には、男性にドン引きされている共通点がある可能性も。そこで今回は、男性が「一生独身でいそうな気がする…」と思う女性の特徴について探ってみました。

結婚したいのに、できない女性の4つの特徴

今に満足している

1aeb408b11c7ab437edfc782bd3a7d8c_s

あなたが、仕事をバリバリしていて、生活に困らないぐらいの収入があったり、充実した毎日を送っていたりしたら、結婚できない可能性が高くなります。

現状に満足している人は、わざわざその現状を変えようと思わないのです。

独身を楽しんでいる女性が周りにたくさんいる

パートナーがいない友達同士で、将来はみんなで同じマンションに住もうと言っている。あなたはキレイだから、いつでも結婚できるよと褒め合う。など、結婚にそれほど焦っていない同年代の女性が周りにいると、結婚しなくてもいいかも?という気持ちになりやすいです。

結婚するかどうかで迷っている

多くの女性は、婚活をしていてこんなことを言います。「本当のところ、結婚した方がいいのかどうか迷ってます」と。僕はそれを聞いて思います。この人はたぶん結婚できないと。

ビジネスでも、資格でも、何でも、「それをしようか迷っている人」がその目的を果たすことはありません。迷いなく、目的を果たしたいと思っている人が、その目的を果たすのだと思います。

何歳までに結婚するという締め切りがない

「20代のうちに結婚する」と決めていない人は、結婚は難しいです。すでに30代前半なら「今年のうちに結婚する」と決めていないと難しいでしょう。また、まわりの男性にほどよくチヤホヤされている、ある程度見た目の良い女性も結婚できません。

趣味に専念しすぎる

休日は必ず趣味の場に出かける。友人はもちろん趣味の仲間。その世界でしか生きていけない狭い人に見えますし、趣味以外の人をシャットアウトしているようにも見えますよ。狭い世界で生きてしまっているので、世間知らずのイメージを持たれるかも。

男性に対抗心

どの場でも男性と渡り合ってしまう。仕事でも、お酒の場でも。プライドが高く男性にあっさり負けたくはない。

肩書き・名声に弱い

「バブル気分が抜けきれずカタカナ職業に弱い。有名企業名に惹かれてしまう。公務員もいいなと思っている。とにかく役職を聞きたがり名刺を欲しがる」……でも、肩書きのある人はほとんど結婚しているか決まった女性がいると思います。

自分以上に頑張っている人が好き

長い間頑張ってきたので、理想が高くなってしまっているのは仕方のないことだとは思います。あなたの本音は、「自分以上に頑張っている人が好き。だけど目の前に現れない」なのではないでしょうか。

自分以上に頑張ってる素敵な人はいない

「私以上に頑張っている素敵な人」は、なかなかいないと思います。あなたがまだ20代でしたら出会えたかもしれません。ご自分のポリシーもあるでしょうが、相手にこだわりすぎるのも考えものです。

自分の市場価値を受け入れるのも大事だと思いますし、なにか、「わたしと結婚するとこんなにいいことがある」をアピールしないと、若い女性と同じつもりでいては無理だと思います。もう少しハードルを下げてみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

,

2016.1.8

アロマオイルを取り入れた生活

最近、テレビでアロママッサージの話題が出ました。介護を担当している主婦が、自分の持ち前のアロマセラピーだった経験を活かし、介護中のおじいさん…

ページ上部へ戻る