サイクリングでのダイエット

Dollarphotoclub_33957451

サイクリングでしたら、身近にある自転車でいつでも始められますし、主婦の方々でも手軽に行うことが出来ます。ダイエットに必要なのは毎日継続するこのなのですが、自転車でしたら手軽に続けることができることでしょう。
毎日の通勤や通学の際にも利用する方もいらっしゃいますので、わりと継続が可能な運動といえます。

ダイエット効果が期待出来るサイクリング

Dollarphotoclub_93895210

サイクリングで使用される筋肉は、主にお尻や下半身などの太めの筋肉で、全身の7割の筋肉を使用しているのです。ですからカロリーの消費量もその分多いので、十分なダイエット効果が期待できます。

運動初心者の方にオススメ

普段あまり運動していない方でも、自転車こぎではあまり膝などを痛めることが少ないので、運動の初心者にもおすすめします。

自転車の漕ぎ方次第では、立派な有酸素運動となり得るので、ダイエットにだけでなく毎日の健康維持にも大きく役に立つ運動と言えます。

簡単に筋肉を鍛えることができる

Dollarphotoclub_93794208

足の親指の位置をぺたるに着けて足先でこいでみれば、ふくらはぎの筋肉に刺激がいきますので、簡単に筋肉を鍛えることができます。

足首は急にこいだら怪我をする可能性がありますので、固定するようにこいでくさい。こぎ方について言えば、がむしゃらに力任せにこいでいては、太ももやふくらはぎのあたりに筋肉がついてしまうだけで、有酸素運動の効果はあまり期待できません。

毎日30分以上こいでいると、だんだんと息が上がってきて汗が体から吹き出てくるのが実感できます。それくらいになったら、太ももやふくらはぎに疲れを感じて筋肉痛を感じる方もいると思いますので、初めは無理をしないでください。

気長に毎日続ける

毎日少しずつ走行時間と距離を増やしていけば、確実に体の方はサイクリングのリズムに慣れていきます。

少し長めの時間こがないと、ダイエットの効果はあらわれにくいので、気長に毎日少しでも続けるようにしましょう。

ジョギングやランニングでは、初心者の方には膝などに負担がかかるため、かなりきつく感じることもありますが、自転車でしたらそれほど無理なく続けることが出来ます。

運動する時間がとれなくてもできるダイエット法

筋トレのためにジムに通ってみるのも結構ですが、入会手続きが面倒だったり、自宅からジムまでの往復を考えてしまうと、自宅の手前からすぐに始められる自転車の方が手軽に始められます。入会金や毎月ジムにかかる費用を考えてみても、断然自転車の方がお得です。お忙しくて運動に時間が取れない方でも、自宅で空いている時間を利用して行うことが出来るダイエット法だといえます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

Comp_84504931

2016.6.7

【保存版!】Be:majo人気記事TOP10まとめ

Be:Majoも運営開始から1年!人気記事TOP10まとめてみました! 美容、健康、恋愛、仕事、暮らし、アラフォーの皆さんはどんな記事に反…

ページ上部へ戻る