野菜の捨てる部分で新しい野菜が育つ!

575cecb9020ccca8e59ff80ed6a969b9_s

ニンジンのヘタ、ネギの根っこの部分など、捨ててしまう部分を水や土に入れると育つ野菜がたくさんあります。そのような野菜を使って、プチ栽培を楽しむことはもちろん、節約にもなります。また、家の中で育てることができるので、外に収穫しにいくという時間の手間も省くことができ、虫などに食べられてしまうという心配や、土を綺麗に落とすまで洗わなければならないという心配もありません。捨てていた部分で育つ野菜を紹介します。

1.ニンジンのヘタ

0348a8f49caf4a866b0e23bbddd74eac_s

ニンジンのヘタが水に少しつかるくらいの器に入れて、おいておきます。そうすると、葉っぱが出てきて、ニンジンの葉ができます。室内の日陰でしっかりと育ちます。みじん切りなどにすればパセリの代わり、おしゃれな彩に使えます。また、見た目がかわいらしいので、観葉植物の代わりにもなります。パセリがほしいときに買うと、パセリが余ってしまうことが多いですが、捨ててしまう部分を活用すれば無駄なお金を使うこともありません。

2.三つ葉の根っこ

f8d410be97abc6d0061c3012cbe3157e_s

スーパーで必ず根っこがついた三つ葉を買ってください。そして、根っこから5cmほど上の部分を料理などに使ってください。そして、その根っこの部分を花瓶などに入れて、日当たりの良い場所に置いておいてください。そうすると伸びてきて、葉が生えてきます。そして三つ葉ができます。三つ葉も使うときにわざわざ買って、あまり使い切りづらく、また葉が強くないので、腐ってしまいやすい野菜です。ですが自分で作ることによって、必要なときに必要な分だけ採集すればいいので、無駄になりません。ちょっとした三つ葉を使って、彩の良いおしゃれな料理に仕上がります。

3.ネギの根っこ

ネギもうどんやラーメンに少し乗せたいというときにさっと使えると便利なものですが、少しだけ使うために買うのももったいなく感じてしまいます。そこで、ネギの根っこの部分を5cmほど水につけて、花瓶などに入れておきます。そうすると、伸びてきて、また緑のネギが生えてきます。必要な分をハサミなどで切って使えば、また生えてきます。家の中で育てるので、しっかりと洗う必要もありません。使いたいときにさっと収穫して、使うことができます。

4.セロリの根っこ

根っこがついたセロリはあまり売っていないので注意が必要ですが、もしセロリの根っこがついたものが売っていたらぜひやってみてください。セロリもネギと同じで、花瓶に根っこの部分を入れて、水に入れておくと、また新たな葉が生えてきます。

5.根っこが生えてしまったじゃがいも

買ったことを忘れていて、根っこが生えてきてしまったじゃがいもは捨てずに、土に植えると、増えて、種イモになります。その種イモを植えることによって、じゃがいもを栽培することができます。今まで紹介したものとは違ってすぐには食べられませんが、長い目でみると節約が可能なものです。また、じゃがいもだけでなく、さつまいもや生姜などにも同じようなことができます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

799eefaac5d86e1a2088e9b916cbdaf2_s

2015.12.10

40代になってから始めるスキンケアグッズ

40代を過ぎてからなんとなく顔色が悪いなと鏡を見るたびに自覚するようになりました。 年齢も重ねてきたし、代謝も落ちてきているから仕方ないの…

ページ上部へ戻る