便秘のときに積極的に摂取したい食物繊維

0e993837c7dca5013552abd846cc7889_s

便秘の状態が続くと肌荒れや吹き出物、お腹の張り、食欲不振、不快感、疲労感、肩こりや腰痛、痔など様々な悪影響があります。

男性よりも女性に多いと言われていますが美容や健康のためにはなるべく出すものは出しておきたいところです。

便秘薬を服用すると手っ取り早く解消はできますが、薬の成分で強制的に腸をぜんどう運動させているので身体に負担がかかってしまいます。

常用すると成分に対して耐性ができることがあり、効かせたいときに効かないと言うことになりかねないです。

なるべく自然に出したいところですが、そんなときに積極的に摂取したいのが食物繊維です。

植物繊維のサプリメント

a7a20e89cea5c26713897b5f818dbd5d_s

食物繊維は野菜に多く含まれていますが、普段のお食事から十分な量の食物繊維を摂取しようとすると結構大変です。

そんなときにおすすめなのが食物繊維のサプリメントです。

食物繊維のサプリメントなら食物繊維と言う成分を重点的に配合しているので含有量が多いのが良いところです。

水溶性と不溶性

30b945816607da126a3391329824d12d_s

食物繊維には水溶性と不溶性の大まかに分けて2種類あります。

水溶性は水に溶ける性質があり、腸内にある便を柔らかくしてくれると言われています。

不溶性は水に溶けない性質があり、腸内にある便のかさを増やして腸のぜんどう運動をサポートしてくれると言われています。

コロコロとした固い便しか出ないと言った症状の便秘には水溶性、腸の働きが弱くなって出なくなった症状には不溶性の食物繊維がピッタリです。

植物繊維サプリメント

食物繊維のサプリメントには水溶性も不溶性もバランスよく含まれているタイプが多いです。

その他にも難消化性デキストリンと言う水溶性食物繊維を配合している食物繊維サプリメントもあります。

そのままお料理に入れても違和感がない

難消化性デキストリンはジャガイモやトウモロコシから抽出される天然のデンプンから作られています。

水に溶かしても粘り気や甘味があまり無く、溶かした水はほぼ無色透明です。

そのまま飲んでもお料理に入れても違和感が無いです。

難消化性デキストリン

難消化性デキストリンは特保に指定されていて1日5gまたは10gの摂取で整腸作用があると認められています。

その他にも脂質の吸収を抑えたり、内臓脂肪を減らしたり、ミネラルの吸収をサポートしたりいろいろな作用が期待されている成分です。

毎日摂取しても安心

アメリカ食品医薬品局FDAから安全な食品素材と認められていますので毎日摂取しても安心安全です。

特保のマークが付いている青汁にも難消化性デキストリンがよく配合されています。

便秘の解消目的で選ぶなら十分な含有量のものを選びたいところです。

1日で難消化性デキストリンを5g摂取するものを選ぶ

中には1日で難消化性デキストリンを5g摂取できるものがあるのでそれを選ぶと良いでしょう。

ホームページの成分と原材料のところに含有量が書かれている場合が多いので、事前にチェックしてからの購入がおすすめです。

サプリメントと青汁を飲むタイミング

サプリメントも青汁も飲むタイミングは基本的には自由ですが、食後30分以内に飲んだほうが実感しやすいです。

1日3回召し上がるものは朝昼晩のお食事の後に、1日1回召し上がるものは朝昼晩のお食事のうち一番食事量が多いときに飲むと良いでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

cc0c6c30606bb94a7fc82b19920d8e7f_s

2015.12.3

フィットネスダンスについて

何だか体力が落ちてきたと感じている方や、ダンスなどを習ってみたいけど経験がないし自信がないなどといった方には、フィットネスダンスを始めてみて…

ページ上部へ戻る