いつまでも若々しく見せるための口元のエイジングケアの方法

Comp_100276874

面と向かって話している相手の口元が気になることってありますよね。

しわがあったり、カサついた唇、口角が下がった口、黄ばんだ歯は、年齢を感じさせてしまいます。

口元は意外と年齢が出やすい箇所です。

今回は、とっておきの口元のエイジングケアの方法を紹介します。

1)唇のエイジングケアの方法

口元のエイジングケアの1つに、ぷるぷるの唇を目指すことが挙げられます。

唇のエイジングケアの方法として、しっかりと口紅を落とすことから始めましょう。

口紅を落としきれていないと、唇の血色が悪く見えて損しがちです。

ゴシゴシと擦りながら落とすと逆効果になるので、外側に向かって優しく円を描くようにクレンジングすることを心がけましょう。

乾燥しがちな季節になるとリップクリームを塗る機会も増えますが、塗る際には優しく縦塗りすることが大切です。

粘膜である唇に負担をかけないために、1日にリップクリームを塗る頻度は5回までにしましょう。

唇の血色を改善する方法として、上唇と下唇を重ね合わせた状態で口角を上げるエクササイズもおすすめです。

2)口のエイジングケアの方法

Comp_67283194

口元のエイジングケアの2つめとして、口元に目立つほうれい線の予防や改善が挙げられます。

ほうれい線予防の方法として、表情筋を鍛えるエクササイズを取り入れましょう。

まずは「あっかんべー」のように舌を思いっきり出し、20秒間キープします。

次にアイウエオ体操を行います。口周りの筋肉を大きく動かすことを意識しながら、「アイウエオ」と5秒ずつ言う体操です。

声を出す必要はありません。続いて、舌回し体操を行いましょう。

舌を出して20回ずつ右回しと左回しに回します。

ほうれい線予防に効果があるだけでなく、顔の血色の改善にもつながり、口臭予防にも効果的です。毎日少しずつでもエクササイズを続けることが口元のエイジングケアにつながります。

3)歯のエイジングケアの方法

口元のエイジングケアの3つめとして、歯のエイジングケアが挙げられます。

歯の黄ばみの主たる原因は、日頃のケア不足です。歯のエイジングケアの方法としては、当然のことながら歯磨きが挙げられます。

チョコレートやコーヒー、紅茶などの着色汚れが歯には付きやすいので、ぜひこまめに歯磨きを行うようにしましょう。歯磨きは歯を磨くだけでなく、歯茎もブラッシングして血行を良くすると加齢と共に増える歯周病予防にもなります。

力を入れ過ぎずに、優しく丁寧にブラッシングしましょう。

どうしても歯磨きの時間が取れない場合は、必ず口はゆすぐようにし、少しでも時間に余裕がある際は綿棒で表面に付着した汚れを落とすのがおすすめです。

口元のエイジングケアを行うだけでも見た目年齢がずっと若返ります。

3つの口元のエイジングケアの方法を参考に、誰にも老けたなんて思わせないようにしっかりケアしませんか?

自信を持てる口元での笑顔を忘れずにすれば、きっと魅力が倍増し、気分的にも若返るに違いありませんよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

d35919a5c210838821a4ce36dbbf05f4_s

2015.12.31

カラフルなモロッコ風インテリアがお洒落

じわじわと人気が出てきているモロッコインテリア 日本でも少しづつ取り入れられるようになってきたモロッコインテリア。北アフリカにあるモロッコ…

ページ上部へ戻る