オイル漬けの保存食

Comp_103014128

オイル漬けとは?

食材をオリーブオイルに漬けたもの。

風味がよくなるだけでなく、生魚や生肉でも冷蔵庫で一週間以上保存できるようになります。

さらに、残ったオイルにはエキスがしみ込んでいますので、色んなお料理に使えます。

一粒で二度おいしい魅惑の保存食レシピです。

基本は、食材を火に通して瓶に詰め、ひたひたになるまでオリーブオイルを注ぐだけ

これを応用すると色々な料理ができちゃいます。

どうして保存が効くの?と思われる方も多いでしょう。

油に浸すことによって、空気や水分にさらされるよりは、食材がいたみにくいからです。

鮭のオイル漬け

Comp_83405445

焼くと香ばしい香りが漂います。

身をほぐして、残りのオイルと一緒にパスタに絡めると絶品。

<作り方>

(1) 鮭に塩をふり、20分程おいて水気を拭きとる。

(2) 半分に切ったらフライパンにのせ、薄切りタマネギ、塩、コショウ、酒、オリーブ油、ローリエを加える。

(3) フタをして中火にかけ沸々してきたら弱火で10分煮る。

(4) そのまま冷めるまで置きビンに詰め変えれば出来上がり。

牡蠣(カキ)のオイル漬け

パンに載せて食べると最高。ピラフなどにも。

<作り方>

1)かきをボウルに入れて塩大さじ1をふり、優しく混ぜて汚れを落とす。

(2)フッ素樹脂加工のフライパンにオリーブ油少々を強めの中火で熱し、かきを入れる。フライパンをゆすりながらかきの水分を飛ばす。水気がなくなってきたら塩少々をふり、汁気を飛ばして火を止め、バットなどに移して冷ます。

(3)かきが冷めたら保存容器に入れ、オリーブ油1カップを注ぎ、にんにくをのせる。

焼きミニトマトと鶏肉のオイル漬

ワインのつまみに最高!パスタやピザなどイタリア料理との相性抜群です。

オイル漬けオニオン

ドレッシングなどに超便利

<作り方>

玉ねぎをみじん切りにして瓶に詰め込み8分目位まで玉葱が入った状態にする。

塩胡椒を入れざっと混ぜたら酢をお好みの量入れる。

その上から9分目までオイルを入れ、あれば白粒胡椒を入れ瓶を閉める。

常温で最低1週間~1ヶ月寝かせたらできあがり~。(開封後は必ず冷蔵庫へ!)

レバーとじゃがいものオイルコンフィ

是非一度試してみてください。絶品ですよ。

<作り方>

レバーは脂身を取り除いて食べやすい大きさに切り、しばらく水に浸けておく(牛乳を使うとより臭みが取れる)。ハツは中央から切れ目を入れてよく洗う。

鍋にオリーブオイルとにんにく、レバー、ハツ、食べやすい大きさに切ったじゃがいもを加え、低温でじっくり火を通す。

火が通った2 にライムを加え、岩塩で味を調えて粗びき黒こしょうをかけ、器に盛る。

チーズのオイル漬け

<作り方>

(1)保存瓶に角切りにしたチーズを入れる。

(チーズはなるべく隙間を埋めるようにつめこむ。)

(2)にんにくスライス、塩、好みのハーブを隙間に入れて、チーズがかぶるまでオリーブ油を注ぐ。

チーズが頭を出さないように。

(3)冷蔵保存。

3日後から食べられますが、1週間ほどでチーズがなじんでくると美味。

パンにのせてトーストすると最高!

にんにくのオイル漬け

さまざまな料理に使える保存食!

<作り方>

にんにくはうす皮をむいて、おしりの固いとこを包丁で取り除きます。芯がある場合はそれも取り除くとよりいいです。

煮沸した密封できる瓶ににんにくを入れます。

オリーブオイルをひたひたくらい注いでふたを閉め、冷暗所で保存します。

(鷹の爪を入れる場合は種を取ってそのままか、輪切りにして)

いかがでしたか?

保存食、手抜き料理を作る時に役立ちそうですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

oil

2015.10.14

リーズナブルなエッセンシャルオイルで高級化粧品と同等の効果が!?

年と共に、だんだんお肌の悩みが増えて来ますよね。確かに評判の良い基礎化粧品を使えば、それなりに効果はあるようです。 でも、いくら美肌のため…

ページ上部へ戻る