チークの色や入れ方について

47463fb8f2b61a75b842f234f85953cc_s

40歳代に入ってくると、最近ではすっかり顔色がくすんでしまったので、メイクの時にはチークで肌色をごまかしている、という方もいらっしゃいます。

チークとは非常に便利なスキンアイテムでして、肌にくすみやトラブルがあっても、たった一塗りするだけで肌の色合いや印象までを明るく健康的なものへと変えてしまうのです。

また、チークには小顔に見せる効果もありますので、お肌がたるみがちな40歳代にはまさにありがたい必需品と言えるでしょう。

生き生きとした明るい表情

4a2919da02fa63544afd10f96d92f76a_s

顔の盛り上がった筋肉の部分に、ほんのりと明るい色を付けますので、筋肉の動きがはっきりと見えて、何となく生き生きとした明るい表情に見えてくるのです。

このようにチークとは、顔の表情や印象すらもガラリと変えてしまう、魔法のようなアイテムなのですが、他のスキンアイテムと同様に、年代ごとにおすすめの色合いがあるのです。

上品な大人感やしっとり感

40歳代に入ると、メイクで大切になってくるのは、上品な大人感やしっとり感といえるでしょう。お好みのカラーも人それぞれにあるとは思いますが、この年代の方ですと、オレンジやコーラルといったカラーが最もおすすめできる色合いといえます。

ピンクやローズなどといった少女らしい色合いは、かえって若作りをしている印象を与えてしまいかねませんので、メイクをする際には控えた方がよろしいかもしれません。

どちらかというと明るめのオレンジ色をお選びになれば、生き生きとした活発な感じを前面に持ってくることが出来るでしょう。

血色良く、より美しい大人の素肌感

この年代に必要なのは、少女のような愛らしさや可愛らしさではなく、血色を良く見せることで、より美しい大人の素肌感をいかにうまく見せることができるか、ということなのです。

また、チークの入れ方なのですが、頬の筋肉が一番盛り上がっている部分に色を置いてください。

そしてそのまま上に向かってブラシを動かしていって、色をぼかしていきます。

思っているよりも簡単ですので、どなたでもすぐに行えることでしょう。

昔ですと、頬骨に沿ってチークを入れていた時代もあったようですが、かなり古い印象のメイクになってしまうので、控えた方がよろしいでしょう。

小顔効果

さらに、顎の下を数回ブラシでちょっと擦ってあげるだけで、顔立ちが立体的になって、小顔に見える効果がいちだんとアップするのです。みなさんもご自身の肌に合わせたチークを使って、健康的で生き生きとした顔に見えるお肌づくりを目指してみませんか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

3419507fdf6b222fc473c476546f26fb_s

2015.12.6

リユース・リサイクルで財布もホカホカ

近年の断捨離ブームで注目を集めているクローゼットの見直し。 どのお宅も収納に収まりきらないのが洋服といっていいほどで、あなたのお宅もクロー…

ページ上部へ戻る