不妊症によくきく「漢方薬」

bb2e9b652620d521ce511a4009586018_s

アラフォーになって結婚した、結婚したけど子供がなかなか授からなくて、独身だけど結婚したら子供は欲しいという女性の皆さん。

不妊症に良く効く「漢方薬」について集めてみました。

子供が欲しいんだけどなーと悩んでいたら是非是非試してみちゃいましょう。

試してみる価値はありそうです。

婦宝当帰膠(フホウトウキコウ)

更年期障害による下記疾患:

頭痛、肩こり、貧血、腰痛、腹痛、めまい、

のぼせ、耳鳴り、生理不順、生理痛、冷え症などの改善

排卵がおきにくい体質ですがひさしぶりに排卵しました!そして・・うれしい効果がもうひとつ。とにかくお肌がキレイになります。ツヤと血色がよくなり顔が上がる感じ。

有名な漢方薬です。血液を増す当帰の含有量が飛びぬけて多いです。

飲むだけで体温が理想的なグラフを描くようになったことで不妊治療に前向きに取り組むことができます。

基礎体温が理想的になるということは体が妊娠しやすく変化しているということです

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)

一般的に女性に用いることが多く、色白で冷え症、やせ型で体力のあまりない人に向く処方です。具体的には、体の疲れ、冷え性、貧血症状、生理不順、生理痛、生理前後の不快症状、不妊症、むくみ、頭痛、めまい、肩こり、更年期障害などに広く適応します。

これを飲むと、やはり調子が良いような気がします!漢方は体質に寄り切りだし、人それぞれなのでおススメはしませんが、私には良いです!

体の調子が良くなるというのはいいことです

何かの本で不妊症に良いらしく、妊娠したとか。私も年齢以外はどこも悪い所がないので、この漢方で授かりたい。

漢方薬は体質に合っていれば確実に良くなります。

温経湯(ウンケイトウ)

温経湯(ウンケイトウ)

どちらかというと女性向けで、冷え性で体力があまりなく、皮膚や唇がかさつく人に向きます。具体的には、生理不順や生理痛、更年期障害、頭痛、足腰の冷えや痛み、冷えのぼせ、しもやけ、指掌角皮症(主婦湿疹)などに適応します。また、不妊治療に補助的に用いることもあります。

飲み始めて数ヶ月経った頃から基礎体温も安定し始め、結果、無事に妊娠&出産にいたりました

良かったですね

で、結果ですが・・・約1か月ほどで妊娠しました!ただ、タイミング療法も続けていたし、大豆製品をよく食べるようにしたり、新しい仕事を始めていい感じに妊娠のストレスから解放されたりしたので、漢方だけのおかげというより、様々なことの相乗効果で妊娠した

努力の賜物ですね。

加味逍遥散(カミショウヨウサン)

加味逍遥散(カミショウヨウサン)

疲れやすい、肩こり、イライラ等のある体質虚弱な女性の「更年期障害」、「月経困難」、「月経不順」、「冷え症」、「不眠症」等に用いられています。

メンタルと生理周期を安定させる効果が感じられて、助かっています

妊娠には精神安定が必要です

加味逍遥散は月経前のイライラが多い人には効果的な漢方薬です

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)

生理不順や生理痛、頭痛、めまい、肩こり、のぼせ、足の冷えなどに適応します。また、そのような諸症状をともなう更年期障害にも適します。そのほか、子宮内膜症や筋腫、ニキビやシミ、しもやけ、痔、打ち身、肝臓病などにも用いられます。

いまは周期を整えるために桂枝茯苓丸を飲んでいます。

血液の流れを良くする効果があります

「オ血」を改善して、血の流れをよくする、という効果があるのが、桂枝茯苓丸です。婦人病のほとんどに対応している

補中益気湯(ホチュウエッキトウ)

補中益気湯(ホチュウエッキトウ)

滋養強壮作用のある人参黄耆、水分循環をよくする蒼朮、炎症をひく柴胡、血行をよくして貧血症状を改善する当帰、のどの痛みや痔を治す升麻、胃腸の働きをよくする陳皮生姜などです。これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します

補中益気湯は、元気が無く、胃腸の働きが衰えていて、疲れやすい場合に効果がある

体力の低下によって不妊が引き起こされている場合には適応になります

不妊治療に関しては男性に用いられることが多い漢方なのです。「補中益気湯」は、性ステロイド代謝系に強く作用します。精子の数や運動率を改善する効果がある

男性不妊に効果を発揮しています。

芎帰調血飲第一加減 (キュウキチョウケツインダイイチカゲン)

芎帰調血飲第一加減 (キュウキチョウケツインダイイチカゲン)

【適応症】産後の衰弱、血の道症、月経不順、骨盤内鬱血症候群、貧血症、痔疾患、体力低下、自律神経失調症、乳汁分泌不足

最近この芎帰調血飲第一加減という血流改善作用のある漢方薬をお買い上げになられているお客様が妊娠ラッシュに

ラッシュとはすごいですね

弓帰調血飲第一加減は「気血水の流れを改善し、婦人科疾患に幅広く使える漢方薬」です。

流れをよくして妊娠に繋げます。

六味丸(ロクミガン)

六味丸(ロクミガン)という方剤です。体の弱った機能をおぎない元気をつけます。ことに、足腰や泌尿生殖器など下半身の衰えに最適です。

不妊症の対処法として、漢方としては、腎に力をつける八味丸(はちみがん)や六味丸(ろくみがん)が代表的です。

腎に力をつければ体は強くなります

不妊治療をされている方で、上記のような症状に思い当たるところがあり、舌の潤いがなくて色が紅色だったり、寝汗をよくかく、なんて方はこのお薬を試してみる価値がある

体に火照りがあるような場合に適応になります。

八味地黄丸(ハチミジオウガン)

八味地黄丸(ハチミジオウガン)

八味地黄丸(ハチミジオウガン)という方剤です。体の弱った機能をおぎない元気をつけます。ことに、足腰や泌尿生殖器など下半身の衰えに最適です。

一般的に高齢の人に用いることが多く、体力が低下し、顔色もすぐれず、冷えをともなうときに向きます。

不妊治療施設でお出しする目的は、卵巣のアンチエイジング=卵巣の若返りを目的としたものとなる

体が若返ると自然に妊娠しやすくなります。

「即効性があって、今まで、どうしても妊娠できなかった人達が、のんだらバタバタ妊娠した」
という、魔法のような、お薬です。

それはすごいですね!

杞菊地黄丸(コギクジオウガン)

杞菊地黄丸(コギクジオウガン)

「杞菊地黄丸」は、「六味地黄丸[ロクミジオウガン]」に菊花[キクカ]と枸杞子[クコシ]を加えた処方で、体力中等度以下で、疲れやすく胃腸障害がなく、尿量減少又は多尿で、ときに手足のほてりや口渇がある人のかすみ目、つかれ目、のぼせ、頭重、めまい、排尿困難、頻尿、むくみ、視力低下などに効果があります。

不妊治療の周期療法において漢方薬を服用する際、低温期に杞菊地黄丸を用いることが多いいそうです。杞菊地黄丸は、漢方では保腎薬でも陰を補うので補陰薬と呼ばれます。

低温期に用いると効果的です

質の高い卵子と内膜をつくる手助けをする『婦宝当帰膠』+『杞菊地黄丸』」とありました

併せて服用しても効果的なのですね。

紫河車(シカシャ)

現代ではプラセンタと言われています。

紫河車は甘鹸・温で、補気・養血・益精・助陽に働く補益の薬物であり、気血不足・精液虚乏などすべての虚損労傷に単用あるいは複方配用してよい。助陽の薬力は緩和であるが、温性であって燥ではなく、久服補益の薬物とみなすことができる。

益気、養血、補精といった強壮作用をもつほか、女性の生殖器、卵巣、乳腺の発育を促進して胸を大きく豊かにします。

女性の妊娠に必要な栄養を全て含んでいます

漢方生薬のひとつである『紫河車(しかしゃ)』とは、胎盤のこと。不妊症や無月経などの対策に、ほかの漢方薬と合わせて用いると結果が出るのが速いなあというのが、個人的な感想。

胎盤エキスなので妊娠に役立つのです。

桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)

桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)

血液循環をよくするほか、便通をつけたり、不安やイライラをしずめ気分を落ち着けます。また、ホルモンのバランスを整える効果も期待できます。体力のあるガッチリタイプもしくは肥満体質の人で、顔色がよくのぼせ気味、また下腹部が張り便秘がちの人に向く処方です。

比較的体力があり、冷えるよりものぼせる事が多く顔色は赤味を帯び、便秘傾向があり、肩こり気味で生理不順・強い生理痛などがみられることが多いものです。

体を掃除する効果があります。

肌あれ、便秘、生理痛、冷え性に!

便秘を伴う不妊症に効果的です。

田七人参(デンシチニンジン)

田七人参(デンシチニンジン)

田七人参の働きは免疫力の増加に疲労回復・精力増強など様々な効果がありますが、なかでも血液のなかの酸素の代謝を促進する、血液の滞りを治す力が大注目されています。

田七人参の効用としては、血液の流れを活発にしてくれることにあります。現代人はどうしても運動不足や不健康な食生活、ストレスなどで血液の流れが鈍くなりがちです。そんな現代人課題を田七人参の効能は解決してくれる

血液の流れを改善して不妊を改善します。

田七人参は、妊娠せず月経がきても異常内膜からの 出血や癒着を抑え、内膜症による痛みを和らげます。

内膜症などを改善予防する効果があり、それにより不妊を改善させます。

以上、いかがでしたでしょうか?

不妊症以外にもいろいろな効果のある漢方薬です。

諦める前に、是非是非試してみましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

a02c155ed149c65d6eaa7633f02c7e8c_s

2016.2.28

疲れ目を防ぐ身近な方法

近年スマートフォンやパソコンが多く流通していて、目を酷使することが増加してきています。知らない間に2,3時間、仕事で使っていれば一日7,8時…

ページ上部へ戻る