自分のコミュニケーションについて考えてみませんか?

Dollarphotoclub_84988841

もう自分のライフスタイルが確立している今こそ、自分のコミュニケーションについて考えてみませんか?

職場、ママ友仲間、地域のコミュニティ、昔からの友人、趣味のサークルなど「いくつもの輪の中での自分」を持っている世代でもあります。もちろん自分の立場もありますが、その多くの場合あらゆる世代の方々とコミュニケーションを図っていかなければならない、そしてその輪の中の中心にならざるを得ない世代でもあるのです。

だからこそ、今一度自分のコミュニケーション能力を見直して、さらにはその能力をアップさせてみてはいかがでしょうか。

いかにたわいがない会話ができるか

Dollarphotoclub_93670188

せっかくならばどのシチュエーションでも居心地が良くありたいものです。そのためには会話力が必須になってきます。なにも自分からガンガンマシンガントークをしましょうというのではありません。ここで言いたいのは、いかに他愛もない会話ができるかという点にあります。

自分から話しかけるということが大事

Dollarphotoclub_77353850

とくに、人と話すときに気にしてしまうのは「何を話そうかな」という事。

何を話すというテーマなんかなくてもいいのです。いかに中身のない会話をするかということが大事です。

そのためにはまず、自分から話しかけるということが大事。簡単に言えば会話のきっかけを作るという点だけ、あとは自分が会話の中心になるのではなく相手に話させるような「空気を作っていく」のです。

自分はしゃべりすぎない

トピックスを上手に振って、相手に話させて「そうなんだ!」「知らなかった~」などとどんどんと相槌を打っていく事で相手は気持ちよくなってしゃべってくれます。

自分はしゃべりすぎない。これだけ意識していれば相手は「会話している感」を味わうことができるのです。

これは、自分と歳の離れた人とのコミュニケーションに非常に有効です。

自分から話しかけているので、「それでは」「またね」とパッと切り上げることができるので潔く話を終わらせることもできます。

プラスアルファのセンテンスをくっつけよう

相手からの質問や話を振られたときに、意識してプラスアルファのセンテンスをくっつけましょう。

趣味は?と聞かれたときに、ボウリングです。というよりも、ボウリングなんですけど久々すぎてこの間全然ダメでした~。というような感じです。

それだけで相手が受ける印象もイメージがわいて変わってくると思いませんか?

新しい方となかなか話すのが難しい、とかママ友のグループができてしまって自分の輪からさらに交友関係を広げたい、など意外と自分でも幅を広げたいけどなかなかできない世代の女性だからこそ、ここで意識を変えてみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

  • 80038f43884546a6d4185a5ddb77fbe9_s

    2015.12.24

    2つの色で肌色アップ

    最近では肌色をきれいに見せるために、メイクでは2つの色を使うことが流行っているよ…

  • 苺大福完成

    2016.2.3

    手作りいちご大福

    今日は手作りイチゴ大福のご紹介です。 今日はなんとあのイチゴ大福の簡単手作…

  • 278fcfccb59f4480d56ddb8c8383e965_s

    2016.2.14

    水泳によるダイエット

    最近ではフィットネスクラブの中で、水泳で行うダイエットというプログラムがよく開催…

  • 5b5d431db0eb5f65ed189bfb8d5b635f_s

    2016.1.24

    梅湯がとっても効果大

    梅干しを潰してお湯をかけて飲むと効果大。 これを毎朝「寝起き」に飲むとすごい効…

  • f361c52c572a426927f4ee318f70a4d8_s

    2016.1.21

    効果抜群!ダイソーのRJローション

    口コミで話題の、ダイソーのRJローション。 早速、ダイソーに行ってきました。R…

ピックアップ記事

54bbdd1ce11887f5356271e59daa0343_s

2016.1.21

ちょっと頑張って資産を増やしませんか?資産運用と投資

バブルの時代とは違い、貧困の層が厚くなり、先々の不安感でいっぱいだと思います。旦那様もいつ職を失うかわからない時代です。独身の方も、いつ、仕…

ページ上部へ戻る