これからの季節に備えた冷え性対策

hie2

30代40代でしっかり冷え性対策をすることで年齢を重ねても冷えに強い体つくりをしていきましょう。

やっぱりまずは運動するのが理想的

まず、冷え性対策で一番大切なのが適度な運動を心がけることです。下半身に太い血管がとおっているので、足をしっかり動かす運動がいいですね。
体型維持もかねて、ちょっと早歩きなウォーキングなのはとてもおすすめです。駅まで歩いたり、一駅手前で降りて最寄りの駅まで歩くなど、日常で
取り入れられるような運動がいいですね。無理は禁物です。楽しく続けられるのが一番です。

食べ物は火の通ったもの、または温めたものを

温野菜

また、食べるものはなるべく火が通ったものがおすすめです。火のとおっていない食材は体を冷やしてしまいます。
サラダをいつも食べているながら温野菜サラダにシフトしたり、香辛料などをうまく取り入れた料理がおすすめです。
香辛料は発汗作用があるので体を温めて血行をよくしてくれます。いつものスープ、お味噌汁などにパラパラと振りかけるだけでいいのです。
日常にとりいれやすい冷え性対策ですね。

足湯はとっても冷え性にいいのです

また、家でのリラックスタイムには是非、足湯をプラスするのがとてもおすすめなんです。
さきほども説明しましたが、足には太い血管がとおっています。なので、足を温めてあげることもとても冷え性にもいいのです。
フットバスなどを用意してテレビを見ながらでもいいですし、音楽を聞きながらでももちろん良いので40度ぐらいのお湯で温めてください。
だんだん全身が暖かくなってきて、寝る時もぽかぽかの状態に深い眠りにつことができるでしょう。
ラベンダーなどのアロマオイルなどを垂らしてもいいかもしれません。

仕事中も体を常時冷やさない工夫を

hie1

また、働き盛りの30、40代は仕事の時間が長いはずです。オフィスなどの冷房がきいている部屋でずっと同じ体制で仕事を何時間もするのは本当に辛いことです。
まず、飲むものは必ず温かいものか常温のものを選びましょう。冷たいものは余計に体を冷やします。
また、腹巻きなどをするのもおすすめです。最近では、アウターにひびかないタイプの腹巻きがたくさんあるので安心して履くことができますね。電池式の毛布なども売っています。コンセントがいらないので、オフィスなどの自由のきかない場所ではぴったりです。ひざかけサイズもあるのでそのようなものを常備しておくといいかもしれませんね。

冷え性は日常的な対策をしっかりと

冷え性をそのままにしておくと年齢と共にひどくなってしまう可能性があります。
無理せずに自分の範囲内でできる冷え性対策をしていきたいですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

Comp_67224843

2016.1.10

ぐっすり熟睡!寒い日でも快眠できる方法

せっかく早めに家事を終えて布団に入っても、寒くてなかなか寝付けないという方も多いと思います。そこで、少しのお金をかけたり、家にあるもので工夫…

ページ上部へ戻る