いい男が惚れる大人の女の条件とは

The couple have a dinner date

いい男が惚れる大人の女の行動にはパターンがあった!?

出会いは気軽にかつ単刀直入に

周りくどいはぐらかしは逆効果

本当のいい男は仕事ができる男です。仕事ができる男は無用な駆け引きを好みません。主導権を取り合うようなスリルのある駆け引きを楽しむ男性は少なくありませんが、あまり意味なく焦らすだけのはぐらかしは、面倒だと感じさせてしまう場合があります。いい男は頭の良い女性を好みますので空気を察知しつつ、駆け引きを楽しめるラインを見つけることができれば、男性はあなたの虜になるでしょう。

相手に気を使わせないでおいて不意にこちらが気を利かせる

恋愛経験が豊富な人でもギャップやふり幅には弱いものです。彼と一緒にいる時には、気を使わなくていい様な気さくなタイプを演じておき、一緒にいるのが負担にならない様な関係性を積み重ねましょう。
そんな気取らない間柄になった時に、不意に気を効かせてみせることで、通常よりも相手の心にグッとギャップを印象付けることができます。普段とのギャップを出すことがポイントです。

追いすぎず、時々ゆさぶりをかけてみる

モテる男性は追われることには慣れています。あまり追いかけると、自分から連絡しなくても相手からアプローチがある、と判断されかねません。追いかけたい気持ちがあってもグッとこらえて、あまり追いかけないようにしてみてください。
男性には本来狩猟本能がありますから、追いかけてこない相手のことは逆に追いかけたくなります。
基本追いかけないスタンスは見せておきながら、時々寂しがってみせるのも手です。365歩のマーチでは3歩進んで2歩下がる、と言いますが、いい女の恋愛では1歩寂しがって3歩強がると良いでしょう。

「三百六十五歩のマーチ」(さんびゃくろくじゅうごほのマーチ)は、1968年(昭和43年)11月10日に発売された水前寺清子の23枚目のシングル。歌詞にも登場する「ワン・ツー・パンチ」というサブタイトルが付けられていた。(引用:wikipedia)

まとめ:いい男は独立した女を追いかける習性がある

若い男性は、か弱く、可愛く女性を選ぶ傾向が強いと言われます。なぜならば、自分が弱いことを実は知っていて、そんな自分でも守れる相手を持つことで自信を持ちたいのです。つまり自信がない男ほどか弱い女性を守ることで、アイデンティティーを保ちたい、という心的構造になるのです。逆に、良い男は、仕事などの自分の時間も大事にします。ですので、女性の方も仕事をしていたりしている方が魅力を感じます。
常に一緒に居たいのではなく、お互い疲れたときに羽を休める場所が同じ場所であればいいのです。波長の合う男女であれば、疲れてやすみたいと思うタイミングが同じだったりして、そのバランスが心地良いのです。
男性にモテるためには、男性にモテる方法を探すのではなく、自分が興味を持っていることに純粋に打ち込むことであなたの魅力は最大化されるのかも知れません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

0148ed6ee88a13e02656a93c3fc2c7ad_s

2016.3.6

身体の中からキレイになる!調製豆乳と旬の野菜のクリーム風パスタソース

野菜は、旬のものが一番味が良く、なおかつ栄養面でも他の時期のものより優れていると言われています。 例えばこれからの季節なら、春キャベツ・ア…

ページ上部へ戻る