美容に良いコラーゲンは、実際は食べてもほとんど意味がない?

もつ鍋 もつ 牛

美容に良いとされるコラーゲンを含んだドリンクや、コラーゲンを使った美容料理の市場は拡大しています。

日常生活でも身近に触れられる事も多くなり、どんな食事でコラーゲンが取れるか、料理番組でもよく耳にするようになっています。

しかし、コラーゲンを食べても飲んでも、美容に直接効果が無い可能性はあまり知られていないのです。

コラーゲンは胃で分解される

理由は、コラーゲンが胃で分解されてしまうからです。胃で分解された後は別な成分となって体に吸収されます。

コラーゲンドリンクを作っている一部メーカーなども、潤うと言うのは喉の意味で、肌の事ではないと言う公式見解を出していることが一部で話題になったこともあります。

重要な栄養素

コラーゲンは重要な栄養素です。

ただし、飲食でとる事によって、コラーゲンを直接注射するプチ美容整形のような効果があると思っていると少し違った結果が出ると言う事です。

コラーゲンとして利用されるかどうかはわからない

低分子コラーゲンは体への吸収が良く、美容に効果があると言う説もありますが、実際に体に吸収された後にコラーゲンとして再利用されるかはよくわかっていないのです。美容に効果があるかどうかは、今後の研究が待たれる状態でもあります。

アミノ酸

では、実際コラーゲンが胃で消化された場合はどんな効果があるのかと言えば、アミノ酸に分解されます。アミノ酸はうまみ成分でもあり、体に必要な栄養素が多量に含まれている場合もあります。

アミノ酸でも様々な種類があり、皮膚の再生や新陳代謝に必ず必要になる物もあります。

美容に効果があるかどうかわからない状態

すっぽん

コラーゲンの成分はすでに科学的に分析されており、体に必ず必要な必須アミノ酸は含まれていないこともわかっています。つまり、コラーゲンはむしろ食感の変化や栄養摂取として有用であっても、積極的にとって美容に効果があるかはわかっていない状態なのです。

どのような効果があるかはっきりしない

テレビ番組で、コラーゲン飲料などを使った公開実験が行われたこともあり、その際はある程度肌に効果が出る結果になっています。ただ、体質や使用方法によって大きな差が出る可能性も否定出来ない状態で、短くまとめてしまうと、どのように効果があるかはっきりはしていないのです。

コラーゲンの過剰摂取

一方で、必ず注意しなければいけない点もあります。それはコラーゲンの過剰摂取です。

コラーゲンは胃で分解されることにより、アミノ酸に分解されますが、成分的には必須アミノ酸が大量に含まれるものではなく、過剰に摂取すれば体に負担をかけてしまう可能性が高いのです。

食べ過ぎは危険

自然にコラーゲンを吹く食品を食べる事に関しては問題がないと言えますが、やはり食べ過ぎは危険です。

コラーゲンを含む食材自体が、カロリーが高い物が多く、脂分も一緒になってしまう可能性が高いと言う理由もあります。

食事のバランス自体に気を使う

コラーゲンは肌の潤いを保つために必要な栄養素で、若々しさを保つためには重要な成分です。しかし、それを食べたり飲んだりしたからと言って、そのまま補充されるとは限らないのです。

コラーゲンをとる際は、あくまでそういった話がある程度にとどめ、過剰に摂取しないように注意し、食事のバランス自体に気を使った方が美容に良いと言えます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

9279959ab59dad207098e624b52f8f47_s

2016.2.4

加湿器なしで部屋を加湿する方法

乾燥する冬場。 室内でお肌がカサカサになっていませんか? 乾燥を甘く見ると痛い目に。 加湿器を買わなくても部屋の中を加湿する方法を集め…

ページ上部へ戻る