おもてなし料理になる簡単ピザ

e6250bbc2a4a2239a8d6a5d747cd0f0e_s

ピザ生地を作って冷凍庫に保存しておけば、急な来客でもおもてなし料理に使うことができます。また、作るのが面倒なときでも、スーパーなどに行けば、具を乗せて焼くだけのピザ生地が売られています。ピザ生地のシンプルな味であれば、どのような具を乗せてもおいしく、そして短時間で食べることができます。そのようなときに便利なピザの作り方やアイデアを紹介します。

1.カレーピザ

晩ごはんに作ったカレーのあまりものや、レトルトカレーを使います。具が大きいという場合はスプーンでつぶしたり、食べやすいサイズにカットしておいてください。カレーがあれば、カレーがソースと具になるので、他に用意する必要がありません。まず、ピザ生地にたっぷりとカレーを乗せます。もし水っぽいカレーの場合は、片栗粉などで少しとろみをつけてあげてください。そして、パセリやバジルなど、彩に緑の葉野菜を上から乗せてください。そしてその上からたっぷりとチーズを乗せて焼いて完成です。子供はもちろん、大人も嬉しい1品です。鍋に少し残ったカレーがあれば作ることができるので、カレーのなべを片づけたいというときにもおすすめです。また、同じようなクリームシチューでも同様にすることができます。クリームシチューを使うと、グラタンのようなものになります。

2.からあげピザ

子供も大人も大好きな唐揚げを使います。しかし、まるごとの唐揚げは胃にもたれやすく、食べづらいので、ピザに乗せることによって食べやすくなります。まず、からあげを薄くスライスします。そして、醤油・マヨネーズを混ぜてピザ生地にまんべんなく塗ります。辛いのが苦手でない人は、一味を混ぜるとさらに美味しいです。そこにスライスしたからあげを乗せてください。スライスするので、からあげは2個くらいで十分に乗せることができます。その上からチーズを乗せて焼きます。焼けたら、海苔やネギなどを乗せて完成です。からあげの代わりに、照り焼きチキンやミートボールなどを使っても同様においしくできあがります。

3.冬野菜ピザ

3792c89644ad897a29215d83f37c4592_s

ほうれん草、白菜、だいこん、れんこん、じゃがいもなど、家にある冬野菜を使って、おいしく、そして冬野菜というものは温めると栄養価が高く摂取できるので、栄養満点な料理に仕上がります。まず、乗せたい冬野菜を1口サイズやスライスなどし、食べやすいサイズにします。そして、トマトソースをピザ生地にたっぷりと塗り、その上から冬野菜を彩よく並べます。そしてその上からチーズをたっぷりと乗せます。もしチーズが苦手という場合は、ポン酢やレモンなどをかけるとさっぱり美味しい和風ピザになります。そして焼いてください。焼きあがったら、海苔やネギ、ごまなどを乗せて完成です。

手抜きとは思われない美味しいピザ

具がたっぷりで、大人も子供も楽しむことができ、そしてお店では食べられないようなピザを作って、手抜きとは思われない美味しいピザを工夫して作ってみてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

Comp_92262833

2016.1.14

お昼寝効果で驚くほどのアンチエイジング効果

お昼寝習慣で美肌を目指しましょう 昼寝を習慣にしている方は少ないかもしれませんが、スペインでは「シエスタ」といい、昼寝が習慣化されています…

ページ上部へ戻る