ご自分にあった化粧水について

3f6186de358bfdb72ffeb0f90dc08e6a_s

30-40歳代になってくると、シミやしわやほうれい線など、さまざまな肌トラブルが起こってきます。

これらの年代の方には、アンチエイジングの効果が高い化粧水をおすすめします。

アンチエイジングに効果がある成分としては、コラーゲンやセラミドやアスタキサンチンなどがあげられます。

化粧水をつける目的は一体何なのかと申しますと、洗顔後の肌をきちんと整えてあげることや、美肌に役立つエキスをお肌に送り届けてあげることなどです。

プラセンタやコラーゲン

肌に送り届けたい成分としては、ビタミンCだったり、プラセンタやコラーゲンなどがあげられます。

ビタミンCは色素沈着を防いでくれる効果があるので、しみやしわの予防にもつながっていきます。

しかもこのビタミンCという成分は水溶性なので、化粧水の中に水溶性成分として含まれるのには、まさにぴったりな成分と言えます。

美白効果が高い

a2811f4d2ce262584eec501f06ba9755_s

そして、プラセンタエキスに関しても、美白効果が高いと言われていますので、まさに肌トラブルで悩みの多い40歳代の女性には、必須の美容成分と言えるのです。

化粧品コーナーを見渡すだけで、さまざまな化粧水が販売されていますので、一体どれを選んで使っていいのか、迷われている方もたくさんいることでしょう。

大容量のボトルタイプ

毎日の洗顔の後に、ぱしゃぱしゃと思い切り使いたいのでしたら、大容量のボトルタイプのものがいいかもしれません。コスト的にもそれほど高くないものもあるので、色々と試されてみてはいかがでしょうか。

ボトルタイプで価格も低めの商品でしたら、顔だけだはなく、首筋や腕や足など、値段を気にせずに身体中のあらゆる場所にも使えるので、コスパがいいといえるかもしれません。

スプレータイプは敏感肌に刺激が

化粧水のつけ方にもいろいろあって、容器から手に直接垂らすタイプの物や、スプレータイプで直接顔に吹き付けるものもあります。

スプレータイプの物は一見して便利ではあるかもしれませんが、肌に直接ミストを飛ばしてしまうので、敏感肌の方には刺激を与えてしまう恐れがあるかもしれません。

この年代になってきますと肌質がだんだんと変化してきますので、手に付けてから優しく顔を抑えるタイプの方がいい、という方もいらっしゃいます。

化粧水のつけ方ひとつをとってみても、それぞれに違いがありますので、ご自分の肌の状態にあった商品を選ぶようにしましょう。

無添加・無香料タイプの肌に優しい化粧水

化粧水に香りもさまざまですが、最近では無添加・無香料の肌に優しい化粧水も登場してきていますので、お試しになるのもいいでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

6baca71e3f87c4e0fc22c4e2abf18405_s

2015.12.13

コラーゲン美容について

この年代になってきますと、肌のハリや弾力が徐々になくなっていくことを実感してきます。 鏡を見ながら溜息をついている女性も多いことでしょう。…

ページ上部へ戻る