アロマテラピーを始めてみませんか

Breakfast tea in a cafe

この年代になってきますと、あれやこれやと普段の生活に慌ただしく追われてしまい、ゆっくりとリラックスした時間を過ごせない方も多いことでしょう。

そんな方におすすめしたいのが、アロマテラピーなのです。

アロマの香りを嗅ぐことによって、脳細胞を活性化させて、脳を若返らせてくれる効果があるそうなのです。

認知症の予防や改善にも、非常に効果が高いと言われています。

40歳代に入ってから発症する認知症

Mature Man Comforting Woman With Depression

認知症という病気は、早い方ですと40歳代に入ってからすでに発症してしまう恐れもあるようですので、早めのケアが大切になってくるのです。

もっともおすすめの香りは、ローズマリー、レモングラス、ラベンダー、オレンジなどです。

認知症予防

Comp_100682075

昼間と夜の2回に芳香浴をするのが、認知症予防には効果的だそうですので、日常生活の中に取り入れていってみてはいかがでしょうか。

例えば芳香浴のメニューですが、ローズマリーとレモングラスを混ぜた香りを、午前中に2時間以上嗅ぐのが健康にいいそうです。

これを行うことによって、脳細胞の神経細胞が活性化され、交感神経が正常に働いているようになります。

夜用としては、就寝する1時間以上前に、ラベンダーとオレンジを混ぜた香りを2時間以上嗅ぐのがいいそうです。

これを行うことによって、脳の中の神経細胞を鎮静化させ、副交感神経を正常に働かせる作用があるのです。

アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症の方に、この香りを1ケ月以上嗅いでもらったところ、認知症の治療薬と同じような効果があったそうなのです。

ですから私たち40歳代の認知症予備軍にとっては、さらに効果があると言われているのです。

認知症といわずとも、最近ちょっと物忘れがひどいとか、物をどこかに置き忘れてしまう方などには、かなりの効果が期待できるようです。

老犬にも効果

老犬にも効果があったと言われているらしいので、年齢のいっているペットを飼っている方は、お試しになるのもいいでしょう。

芳香浴をする際には、アロマポットがあればベストなのですが、もし手元にないのでしたら、ティッシュなどに数滴たらして枕元などにおいておくのもいいでしょう。

リラックス効果が高い

また、アロマオイルの香りは、メンタル面でも非常にリラックス効果が高いですので、心身ともにリラックスをしたい方は、ぜひお試しになってはいかがでしょうか。

ストレスもゆっくりと発散

日常生活の中にアロマオイルの香りを取り入れながら、精神的にも肉体的にもリフレッシュさせていけば、きっと溜まっているストレスがゆっくりと流されていくことでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

美容 イメージ

2015.12.23

肌の炭酸水洗顔について

炭酸水による洗顔が肌にとてもいいとよく耳にします。 炭酸は、皮膚の中の血行を促進してくれたり、皮脂などの汚れと馴染みやすいため、洗顔料とし…

ページ上部へ戻る