アラフォーの健康と美容は近い!

cf7f57acd2a35ea192c87ef22605ddf9_s

代謝が落ちてくるアラフォー世代は

日頃どんなに気をつけていても、年末年始や年度末・始めは不規則な生活な上、会食が続く日々。

気を使い、胃も身体にも、特に内臓にも負担がかかります。

あれ?疲れてるというレベルを仕事などで忙殺してしまい

気づいたときは肌もシミ・シワ・たるみに加えて大人ニキビまで出てきてボロボロに。。。

家庭にいても、仕事をしていても、男女問わずの働き世代のアラフォー。

突然メンタルに大打撃が!

ボディメンテナンスをするためにジムに通ったって、残業などの外部要因でなかなか続かないということもあります。

「何とかしなきゃ。」とモヤモヤ?とした気持ちのまま過ごしていると、突然メンタルに大打撃が!

シーズンはじめの衣替えで、去年まで着こなしていたニットを鏡越しに見たら、背中のブラの上に乗っている贅肉のシルエットがあることに気付くんです。

「はぁ、、、」とため息をついている場合ではありません。

だからといってジョギングなどの急激な負担のかかる運動をして怪我をしたら何の意味もありません。

そんなあなたやあなたがお気軽に始めて費用はタダと嬉しいメソッドがコレです。

① いらないものは出す

3daba9f55f3f15dd22e20d4130d39c76_s

  便通ってあまり話題になりませんが、すごーく重要なんです。

  いるものを食べて、いらないものを出す、という極めてシンプルな身体の循環が滞っては健康も害してしまう。

  現代の女性は便秘の方が多いんですが、ヨーグルトを食べるタイミングやおへその周りをゆっくりマッサージするなど、

  決して下剤に頼らず出すことが大切です。

  そして一日中オフィスや家にこもっていたら汗をかきにくくなります。

  湯船にゆっくり浸かって、血行をよくし、汗をかくと毛穴が開いて汚れも落ちやすくなり、肌がつるつるになりますよ。

  スチームあてるより湯船に浸かりましょう。

② 身体の声を聞く

  緊張していたら呼吸が浅くて、身体がこわばって肩こりや腰痛の原因になってきます。

  ヨガなどのゆっくり呼吸をして、負担が少なく、家でもオフィスでも隙間時間に出来る運動を続けましょう。

  特にヨガは身体が柔らかくなり姿勢が良くなったという声を聞きます。

  寝起き、日中、睡眠前の3回に身体と向き合う時間を作ると効果的です。

③ いるものを美味しくいただく

  美味しく、というのがポイントです。

  身体というのは口に入るものでつくられますよね。

  いらないものを出して土壌作りをする、身体の声を聞いて何を欲しているか聞き取る、いるものをじっくり味わいながらいただく。

  とってもシンプルなんですが、身体がスッキリした後に運動をして、定番の野菜たっぷりの和食を食べると身体に染みる?という感覚が近いと思います。

プライスではなく、少し美味しいものを選べるアラフォー世代

日々の小さな積み重ねがより人生を楽しむ身体づくりに直結することは間違いありません。

だからこそ、生活に組み込んでより簡単に、より丁寧に、より楽しみながら!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

Two women with a stretch of the hip joint

2016.3.13

フィットネスクラブについて

運動不足を感じているのに、スポーツジムに何となく入会しずらい方も多いと思います。 スポーツジムと聞くと、たいていは重たい器具やマシーンがず…

ページ上部へ戻る