大事な日のために!年齢肌を緊急レスキュー

40fb9df8914e79a7da3d4ea8186b90f5_s

30代の半ばを過ぎると、鏡を見るたびに急激に進む年齢肌を実感せずにはいられません。

若い頃はお疲れ肌でも一晩眠れば復活したのに、今では少し睡眠不足になっただけで、いつもの化粧では隠し切れないほど顔に疲労の色が出てしまいます。

どうしても若くみせたい大事な日

0d4d1c93ba0802e6ffffd26c7e60a31c_s

とはいえ、女性にはどうしても若くみせたい大事な日があります。

例えば、学生時代の仲間との久しぶりの食事会。

オシャレや化粧を全力で楽しんでいた女子力全盛期を知る仲間だからこそ、老けたという印象は持たれたくありません。

もしくは、大好きな彼(夫)との記念日デート。

いつもより高級なお店で特別な気分を味わうのに疲れた顔をしていては、どんな美味しいお料理も不味くなってしまいます。

贅沢な言い分とはわかっているけど、なんとか年齢肌を緊急レスキューして、大事な日を迎えることはできないものか。

今回は、そんな時に役立つ5つの方法をご紹介したいと思います

① 蒸しタオル

まずは、毛穴の老廃物をデトックスすることから始めましょう。

イオンスチームなどの美顔器を利用するのもよいですが、あくまで緊急レスキューなので、家にあるタオルと電子レンジを使って、蒸しタオルを活用します。

数分間、蒸しタオルを顔に乗せて、毛穴を開いて老廃物が排出しやすい状態にしておきます。

こうすることで、後の化粧水や保湿クリームの浸透力も高まります。

② フェイスパック

9f0fb5168b0c267ba4bca9482d5f1ed7_s

法令線や小じわが気になる方におススメなのが、「我的美的日記の黒真珠マスク」です。

パックの色が真っ黒という驚きの外見ですが、見事なまでに肌にハリを与えてくれます。

美容液が滴るほどたっぷりと浸っていますので、余った美容液は首などのデコルテラインにスライドさせて塗り込みましょう。

くすみが気になる方におススメなのは、「ドクターシーラボのフォトホワイトC 薬用ホワイトニングマスク」です。

薬用美白集中マスクを掲げるだけあって、美白効果は抜群です。

肌がワントーン上がり透明感が出て、ファンデーションの厚塗り回避に繋がります。

どちらも、通販で購入が可能です。

③ 保湿クリームのベタ塗り

アンチエイジングクリームは高価なものが多く、緊急レスキュー向きのアイテムとはいえません。

そこで、ドラッグストアで手軽に購入できるニベアで保湿を行います。

缶タイプもありますが、ここはお試しサイズのチューブタイプでよいでしょう。

クリームをたっぷりと手に取ったら、伸びを良くするために、手のひら全体で温めてから肌に乗せるとよく馴染みます。

④ ノンカフェインのビタミンドリンクを摂取

朝起きたら、昨夜はなかった吹き出物がポツリ、という経験のある方は多いと思います。

どんなに肌年齢を改善しても、吹き出物が一つあるだけでテンションはだだ下がりです。

そうならないために、就寝前にはノンカフェインのビタミンドリンクを摂取しておきましょう。

「エーザイのチョコラbbドリンクビット」がおススメです。

⑤ 十分な保湿とコラーゲンドリンクで化粧崩れを防止

大事な日の当日は、化粧の前に①蒸しタオル、②フェイスパックで十分に保湿しておきます。

十分な保湿は化粧崩れの防止にも繋がるので念入りにしておきたいところです。

また、予定時間の半日前には、コラーゲンドリンクを摂取しておきます。

夕方になると毛穴が開き始めお疲れ顔になってしまいますので、事前にコラーゲンを摂取して肌の活力を回復しておきます。

「明治のアミノコラーゲン ボーテドリンク」がおススメです。

以上、あなたの大事な日を輝かせる方法をご紹介しました。

毎日の努力を続けるに越したことはありませんが、このような緊急レスキュー的な方法でもリカバリーは可能です。

ぜひお試し頂き、明るい笑顔で大事な日に臨んで頂ければと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

1c320d4c1210558c08fca6e0f9866112_s

2016.1.14

不倫はやめた!オトナの恋愛に見切りをつけた理由

結婚している相手との恋愛や、自分も結婚しているのに他の人と恋愛をする・・・自分が本当に好きな人と割り切ってお付き合いするのをオトナの恋愛とし…

ページ上部へ戻る