リラックスした夜を過ごして、次の日を活き活きと

a17f3bdb5b5a75eddd0654734034556e_s

リラックスした夜の時間を過ごし、次の朝はリセットして仕事や家事に取り組みましょう。

リラックスした夜の過ごし方。

夜の過ごし方

・自分時間を持つ

・心配事を連鎖させない

・明日の準備をする

帰宅したら始めてみよう!

c68e523a27393ec3867c74e7cd0f856e_s

・早めに帰宅する(自分の時間がたっぷり取れる)
・部屋をきれいにする(きれいな部屋は運気と幸福度が上がる)
・サブデスクを持つ(メインデスクの散らかしをなくす)
・ほっとする空間を作る(リラックス出来る場所を意識的に作る)
・オレンジ色の光をつける(癒しの波長をはなつ)
・自分の色を部屋に取り入れる(自然に元気が出る)
・服を着替える(リラックスできる)
・夜八時以降はお米・パンを食べない(肥満を防ぎ、眠りが深くなる)
・お酒はたしなむ程度に(筋肉、肝臓によくない)
・夕食前に歯磨きする(過剰な食事を防止する)

思いっきりリラックス!

fd62be308b586cda6b4cb63a8ad826c9_s

・湯船につかり、下半身を温める(眠りが深くなる)
・週1回、電気を消して入浴し、瞑想する(深いリラックス)
・ぶらさがる(背中のストレスをとる)
・入浴中にストレッチする(風呂の中だと習慣化しやすい)
・逆立ちする(アンチエイジング効果)
・寝室に空気清浄機を置く(より健康になり安眠できる)
・ラベンダーの香りをかぐ(副交感神経に出番を回す)
・自然の美しい映像を流す(ヒーリング効果)

不安をなくす仕組み作りを!

・机の上に手帳を開く(行動のイメージトレーニングになる)
・明日の持ち物をチェックをする(安眠をもたらす)

・観葉植物の葉を触る(触ることで邪気が取れる)
・机の上を片付ける(不安を払拭)
・ベッドサイドにメモ帳とペンを置く(メモすることで安眠できる)

睡眠が大事です!

・湿度を50%に保つ(深い眠り)
・肌触りのよい寝具を使う(いい気分になる)
・夜中にライトをつけない(脳が覚醒する)
・塩と炭を置く(安眠効果)
・ヒーリング音楽を流す(癒し効果)
・足を冷やさない(頭寒足熱)
・光を出すものがないか確認する(小さな光でも脳は反応する)
・自分自身に感謝する(一番肝心な自分を忘れがち)
・眠れないときは感謝のハガキを書く(気持ちが静まる)

などなど、以上のことを行い、できるだけリラックスした夜を過ごせるよう心がけましょう。

ストレスとリラックスの関係

ストレスというのは、思った以上に過度にかかっているものです。リラックスした夜を過ごすことで、ストレスを溜めない毎日を過ごしましょう。もしくは、今日、また、ストレスになるようなことが待ち構えていたとしても、前日に、ストレスを発散させていることによって対処方法も変わってくるはずです。

ストレス発散はできるだけこまめに行い、できるだけ早く起きることで余裕のある一日をお過ごしください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

54bbdd1ce11887f5356271e59daa0343_s

2016.1.21

ちょっと頑張って資産を増やしませんか?資産運用と投資

バブルの時代とは違い、貧困の層が厚くなり、先々の不安感でいっぱいだと思います。旦那様もいつ職を失うかわからない時代です。独身の方も、いつ、仕…

ページ上部へ戻る