美魔女の秘訣。若返りホルモンを分泌させる方法。

ce228386028c9e4f377bb0ec9c9f2043_s

若返りホルモン”パロチン”とは唾液腺ホルモンのことで、よく噛むと人の唾液から分泌される天然の美肌ホルモンなのです。成長ホルモンの一種で、体の中を若々しく保つ働きを持っているといわれています。耳下腺から分泌される唾液にのみパロチンが含まれています。

◆パロチンの効果

新陳代謝を活発にする

c788db6a1bb74c145d9e51835c92c6c7_s

とくに皮膚や筋肉、目などの粘膜を強化し、肌再生のターンオーバーを活発にし、シミ・シワに効果的といわれています。

骨や歯の再石灰化を助ける効果、皮膚の新陳代謝を活発にする効果など、身体中を若返らせる効果があります。

体内の壊れた細胞組織を修復する作用がある

骨や歯といった骨格をつくる部分の再生も盛んになって、古い細胞が排出されて新しい細胞でいつまでも若さを保つ事が出来ます。

パロチンには体内の壊れた細胞組織を修復する作用があり、特に、各器官や皮膚、筋肉、目などの「粘膜」を強化します。

◆赤ちゃんはパロチンを豊富に分泌している

赤ちゃんのようなお肌を取り戻せるかも

ea451e2b7a2a9d9af3eacf9fbad4125a_s

赤ちゃんや小さい子どもはヨダレが多いものですが、それは、このパロチンが豊富に分泌されているからといわれています。

赤ちゃんがサラサラなよだれを沢山だすのは、副交感神経が活発に働きリラックスした状態にあるからだと言われています。

よだれが多い赤ちゃんは、このホルモンが盛んに分泌されている事がわかります。

◆ローヤルゼリーにパロチンにそっくりな成分が含まれてる

細胞が生まれ変わるのを促す働き

ローヤルゼリーの中にほぼそっくりな成分が岐阜薬科大学の研究で発見され、「類パロチン」と呼ばれています。

ローヤルゼリーに含まれる類パロチンは、パロチンに代わって細胞が生まれ変わるのを促す働きがあります。

この類パロチンによって、肌まで活き活きとさせるわけです。

◆パロチンを分泌させるにはよく噛む事が大切

20歳を過ぎた頃から分泌されなくなってくる

20歳を過ぎたあたりから、「よく噛む」という行為がないと分泌されなくなっていきます。

よく噛む

大切なのは、食べるときによく噛むこと。食事の際は、一口につき30回を目安にしっかり噛むように心がけましょう。

お食事中の飲み物も控えましょう。飲み物があると、唾液がなくてもスムーズに呑み込めてしまうため噛む回数が減ってしまいます。

◆パロチンを分泌させる方法

顔のマッサージも効果的

梅干やレモンなどの酸っぱいものを食べたり、耳たぶの2~3cm下の指で押すと少し痛くなる部分を刺激しても分泌されます。

顔のマッサージも忘れずに行いましょう。 耳の裏、首の付け根のあたりが凝りかたまっていると、スムーズに唾液が出てこないこともあるそうです。

リラックスしてゆったりとした気持ちで過ごす事

ストレスを感じてしまうと、唾液が分泌されなくなります。できるだけリラックスして、ゆったりとした気持ちで過ごしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

Seductive young woman in hat and transparent shirt

2015.10.9

この秋、取り入れたいオトナコーディネート

大人の魅力が活きる、この秋の大人コーディネート 流行はさりげなく意識する程度に メインカラーではなく、サブカラーとしてワンポイントにする…

ページ上部へ戻る