プールでの運動はいかがですか

Woman Meditating By The Swimming Pool

食事制限をしたり自宅でダイエット体操をしても、なかなかこれといった効果があらわれてこない、という声もよく聞きます。

そんなときには、プールでのエクササイズはいかがでしょうか。

水泳などでダイエットをすると聞くと、身体に逆三角形に筋肉がついてしまうのでは、などと不安になる女性もいらっしゃいますが、より効果的に脂肪を燃焼させるのには、水の中での適度な動作が一番ダイエット効果が高いのです。

水中でのウォーキングから

a young asian woman relaxing in the resort hotel

水中では圧力が体全体にかかってきますので、そういった状態での運動効果は抜群といえるのです。

プールが初めてという方には、水中でのウオーキングから始めるのがいいでしょう。

お腹の下にぐっと力を込めながら、身体の芯や軸といったものをしっかりと意識して水の中を歩くのがポイントです。

足を大きく開いて、ゆっくりと水の中を歩きながら、ウエストラインの筋肉にひねりなどを加えてみます。方向を変えてみて、後ろ向けに歩いてみるのもいいかもしれません。

インナーマッスルを鍛える

Slender female legs splash in the water . Well-groomed girlish l

だんだんと水中ウオーキングに慣れてきたら、25mのプールでしたら数分で歩ききるようにすれば、短時間のうちにインナーマッスルを鍛えることができます。

インナーマッスルを鍛えれば脂肪の燃焼が高まるので、ダイエットの効果が早くあらわれやすくなるのです。

ビート板を使ったバタ足

クロールや背泳ぎといった本格的な泳ぎはどうも苦手、という方にはビート板を使ったバタ足泳ぎがおすすめです。

ビート板につかまれば、泳ぎが苦手という方でも多少なりとも水の中で動くことが出来ます。

ヒップラインやウエスト引き締め効果

足の付け根や太ももから、ばたばたと足を動かくようにするのがポイントです。

こういった水の中での動きをすることによって、ヒップラインやウエストラインを引き締める効果があります。

疲れたら適度な休憩

泳ぎに不慣れな方は、決して無理をせずに、疲れたら適度な休憩をはさんで行うようにしてください。

水の中で動くとたくさんの汗をかいている

水の中を動いていると、自分では汗をかいていることに気が付かないことが多いのですが、こういった運動は実はたくさんの汗をかいているのです。

水の中に入っていると水を飲みたい気分にならないこともあるでしょう。

こまめな休憩と水分補給

無理をして脱水症状などをおこすことがないように、こまめな休憩と水分補給を心がけてください。

無理をしないでトレーニングに取り組む

運動は長く続けていくことが大切なので、無理をして運動が続けられなくなっては何の意味もありません。

特にダイエットや筋力アップは続けていくことが大切なので、美しいボディラインを手に入れることなどを目標にして、トレーニングに取り組んでみましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

Designer Desk Architectural Tools Notebook Working Place Concept

2015.11.21

子どもの一人暮らし!夫婦のふたり暮らし!不安だらけの最初の半年に役立つ3冊の本

40代中盤。早くも夫婦ふたり生活が始まりました。さぁ~どうなるんだろう...(汗)世間の噂通り、最初に感じたのは不安。 子どもが県外の大学…

ページ上部へ戻る