メイクで気を付けたいこと

Comp_76880628

年齢を重ねるにつれて、お肌のシミやしわ、たるみがどうしても目立ってきてしまいます。

こういったことが原因で、メイクをする際にあれこれと悩んでしまう方も多いことでしょう。

顔にできてしまったシミやしわは、ファンデーションを薄く塗ることによって、より若々しく見せることが出来ます。

化粧で隠すよりも効果的

Comp_92189513

お化粧で隠すよりも、こちらの方がより効果的な方法と言えます。

ファンデーションを厚めにべったりと塗ってしまうと、かえって年齢よりも老けた感じになってしまう恐れもあります。

素肌感や透明感

Comp_81250413

メイクをするときはなるべく薄く塗って、素肌感や透明感と言ったものを、思い切り前面に出していくようにしましょう。

スポンジで軽くはたく

Bridal flowers

まずはじめにベースメイクなのですが、洗顔後は顔全体に乳液や化粧品をなじませていきます。

このときに、スポンジを使って軽くはたいていけば、ベースづくりにはより効果的です。

口元や目元など、小じわや乾燥が気になる部分は入念に塗り込んでください。

コンシーラー

まず初めにコンシーラーを、目の下に出来ているクマやシミの部分に塗っていきます。

コンシーラーの色は、肌色よりも少し暗めの方がいいでしょう。

ファンデーション

次に、肌色よりも少し明るめのファンデーションを選んで、まぶたの部分に置きます。

それから、いつも使っている色のファンデーションを顔全体に広げていきます。

アイシャドウ

アイシャドウを塗るにも注意が必要です。

若い年代のときのように、メインの色をそのままべったり広く塗ってしまうと、残念ながら厚化粧に見えてしまうのです。

かえって目が小さく見えてしまう場合もありますので、メインの色はぼかしながらアイホールにそっとのせてあげて、眉骨のあたりにさらにパステルカラーなどの明るめの色を加えていきます。

すっきりとした目元

こうして淡い仕上がりをすることによって、すっきりとした目元が生まれてくるのです。

目元を引き締めて見せたいなら、アイラインを上手に塗っていきましょう。

薄めのアイライナーで上品な大人の仕上がり

強めに濃く塗ってしまうと、かえって目元が小さく見えてしまうので、薄めのアイライナーを使って、自然に線を引いてみてください。

上品な大人の仕上がりになって、自然なアイメイクが出来上がります。

マスカラ

マスカラを塗るときも、だまになったり、濃くべったりと塗ることは控えましょう。

マスカラを塗る前に、まつ毛をビューラーできちんとおさえておけば、それほどマスカラに頼ることもなく、薄く塗るだけで十分自然な仕上がりとなります。

メイク美人を目指す

これからは自然で上品な仕上がりのメイクで、メイク美人を目指してみませんか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

Comp_86696448

2015.11.6

オトナ女子に効くひとり旅

若い頃は、仲の良い友人を連れてワイワイとディズニーランド、スキー、観光… 疲れて戻ったホテルでは、ベッドの上でお酒を飲みながら喋り疲れるま…

ページ上部へ戻る