ダイエット中でも揚げ物と炒め物を美味しく食べたい

お腹をつまむ女性

ダイエットの敵といえば何を想像しますか?

たいていの方はカロリーの高い揚げ物や炒め物を連想するのではないでしょうか?

カロリーを抑えるために、油ものは控えているとか、ダイエットの敵だから家族のために作っても自分は食べないようにしている…でも家族のためにせっかく作ったお料理は家族みんなで一緒に味わいたいものです。

カロリーダウンの調理法

Comp_66573043

ダイエット中でも食べても罪悪感の少ないカロリーダウンは調理法にあり!その方法をご紹介しようと思います。

揚げ物

唐揚げ

まずは、揚げ物です。

衣をつけて揚げるのが一般的ですが、カロリーダウンの秘訣は4つ

一つ目は、衣は薄くつけること。

衣を厚くしてしまうとそれだけ吸油量が増えてしまいます。

衣を薄くしたりパン粉を荒いものではなく細かいものにする工夫で食材に付く油の量を減らすことができます。

今使っているパン粉をめん棒などでたたくだけでもパン粉は細かくなります。

少ない油で揚げ焼き

二つ目は揚げるのではなく少ない油で揚げ焼きしてみるのもお勧めです。

春巻きのような火の通った食材が中身のときなどは揚げ焼きするだけでカロリーは大幅に減らすことに繋がります。

中が生の食材のときにはじっくり火を通す工夫をすると良いでしょう。

電子レンジで火を通す

Comp_88108605

三つ目は、電子レンジで火を通してしまう。ということ、あげる時間を減らすとともに、火を通している間に僅かですが油も出るのでカロリーダウンにつながります。

大きく作る

四つ目は大きく作ること。食材の表面積が大きい方が吸油量は少なくて済みます。見た目のボリュームもアップするので食べごたえもあります。

次は炒め物を作るときのカロリーダウンの秘訣

一つ目は炒める前に食材に油を絡めておく。

ナスなどを炒める時に油をムダに吸ってしまうこともあります。

あらかじめ絡めておくだけで少ない油をまんべんなく絡ませることができるので追加で油を入れることもありませ。

二つ目は油通しの代わりにオイルを入れた熱湯でゆでる。

中華料理の料理法で材料を通しする場合がありますが、オイルを少し入れたお湯でゆでると食材に火が通るとともに炒める時間が短縮されますのでカロリーダウンにつながります。

三つ目は味付けにスパイスなどでパンチを効かせる。

油を減らすことがカロリーダウンの秘訣ですが料理のコクがない物足りなさを感じることもあります。

ですのでスパイスや辛味、酸味などの味付けを工夫をして補いましょう。

四つ目は低カロリーの食材を使うという事。

炒めてもかさの減りにくい食材を使ってボリュームをアップさせたり白滝などの低カロリー食材も加えるとお腹も満足します。

食材を大きくカットしてかむ回数を増やすのもオススメです。

ダイエットのために敬遠するのではなく、工夫して美味しくカロリーダウンしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

a882f374c60aa81480901e8653aedade_s

2016.1.7

効率的な休日の過ごし方

忙しい平日から、休息の土曜日と日曜日。とは言っても、主婦の方には関係ないのかも。休日は、ダラダラするよりアクティブに過ごしたほうが、いい休息…

ページ上部へ戻る