オンナの聖域「キッチン」を見直そう

Comp_65984403

毎日何度も、そして長い時間主婦がいる場所、それはキッチンです。
食事の支度、片付け、お弁当の準備、午前と午後のおやつタイムなど一日何度キッチンに立つか数えきれないという方も多いと思います。
毎日使う割にただ何となく収納してお掃除している方が多いのではないでしょうか。使う分、汚れもたまりやすいし散らかりやすい場所でもあるキッチンの使い方を今一度見直してより使いやすくしてみませんか?

そのキッチンツール本当に必要ですか?

Comp_71860485
当たり前に使っているそのキッチンツール、本当に必要ですか?それがあることで便利だけど余計な手間がかかるものが結構あります。
たとえるならば「三角コーナー」料理の支度には生ごみをポンポン入れるだけなので便利ですが、すぐにぬめりの原因ともなってしまいます。お掃除もしたくないですよね。思い切って三角コーナーをなくしてみましょう。毎回の料理の支度でポリ袋に生ごみを入れるだけ。虫もわかないですしキッチンの生ごみの臭いも改善されます。
また、水切りかごをなくして吸水マットに変えるだけでもキッチンスペースが狭い方には本当に便利なのでおすすめです。

一番は掃除のしやすさで考える

身体をつくる、食材を扱うキッチンは常に衛生的でなければいけないのをわかっているけれどもなかなか掃除しにくい場所でもあります。しかし、油汚れがこびりついてしまうと落としずらいのもキッチン周りの面倒なところ。
気が付いたときにするのもいいですが、普段の食事の支度のあとすぐにさっと拭くだけでも違います。
それで用意してほしいのが「ウエス」のストックです。使い古したTシャツや捨てようとしていた布きれは適度な大きさに切りそろえておくとサッと吹くことができるので便利です。てんぷら油の処理や、ケチャップだらけのフライパン、カレーの鍋を洗う時に、スポンジで洗う前にひと拭きするだけでもべたべたスポンジで躊躇することなく洗い物が進みます。

食材のストックについて

冷蔵庫と女性
食材のストックが多すぎて賞味期限切れになるようではキッチンを使いこなせていない証拠です。できるだけストックの場所を一か所にまとめ、定期的に使いきる献立にするのをこころがけてみましょう、スーパーに行かずに家にあるものだけでその日の夕食を作るようにしてみると、食費の節約にもつながります。

動線を確認して置く位置を変えてみる

キッチン家電や鍋などのツールが点在していることで一つの料理を作るときに無駄な動きをしていませんか?
例えば電子レンジの周りのスペースを空けておくだけでいったん火が通っているか確認する場所ができるので、自分の料理の時の動きを再確認してみましょう。

ゴミ箱何個ありますか?

最近ゴミの分別が多様になってきていますが、キッチンに何個もゴミ箱があってスペースを無駄にしていることも。ひとつのゴミ箱に数種類(ビンと缶など)をまとめてもいいのではないでしょうか?
フレキシブルな考え方でキッチンを改革していくとよりつかいやすくなりますよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

Comp_95436348

2016.1.8

劇的に小顔効果。ダイソーのカッサマッサージとココナッツオイル。

かっさマッサージとは?かっさを使うことで、素人でも小さな力でしっかりと余分な水分や老廃物を流し、血液の循環を良くすることができる。かっさマッ…

ページ上部へ戻る