アラフォーファッション ~危険アイテム編~

kundin im laden schaut sich eine weie bluse an

自然と、気付かぬうちにアイシャドウのカラーグラデーションが古~くなってる。。。
アラフォーやアラフィフの先輩方を見て我が振り直せ。。。とコスメカウンターにかけこんだことはありませんか?

実はもっと深刻なのは首から下の状況なのです。
若作りにならないように、地味になり過ぎないように、配慮することがたくさんあって微妙な年頃ですよね。

納得できる危険アイテムをピックアップしてみました

Comp_79472313

ワンピース

アラフォーの危険パーツは脚と二の腕ですよね。ノースリーブワンピースならどちらも全開、という危険性が!
カーディガンを羽織るなり、肩掛けするなり、プラスする。中途半端なヒールを避ける、スカートはひざ丈で。
そうするとスカート部分がふんわりしていても痛くならない!これが王道メソッドだとハッとしたのですよ。
ちなみに実践されているのは、泣く子も黙る、ファッション界の女帝、アナ・ウィンター女史です。

レース

レースというのはラグジュアリーでシワにもならず、優秀な素材なんですが、「無意味に艶めかしい」という印象を持たれてしまう可能性が。
ある程度歳とって贅肉が乗っかってくると、レースの透け感はいわゆる「夜気分」になっちゃう気がするのです。
インナーのレースキャミも要注意です。
対策としては、同系色の裏地がついていることは必須で、スカートやロングカーディガンで取り入れると大人ラグジュアリーで収まります。
   

パステルカラー

アラフォーでパステルカラーやフリルのスカートを履いた女性がいると、その周りで二度見や凝視しているギャラリーの姿を見たことはありませんか?
正直痛々しく感じてしまいます。自分も同じように思われていたらと思うと、年相応のファッションがどのようなものかがわからなくなってしまう。。。
このケースはアラフォーの大敵、「くすみ」を利用しましょう。
例えばインナーにホワイトを持ってくるときでも、ぱきっとした白ではなくあえてちょっと生成り。
若いときはパステルカラーのフレッシュ感が良かったけど、肌の馴染みを考慮するとくすんでいるほうが馴染みますよね。

危険なのはアイテムだけじゃない!

Comp_51590670
そして、アラフォーくらいから要注意なのが髪の乾燥。。。
気をつけないと肌や髪が乾燥すると「疲れた人」に見えるんです。特に、長さのある人や巻髪の人は気を付けて!

アラフォーの年相応の服は高いです。
だからこそ、日頃から「あーでもない、こーでもない」と楽しく悩んで行いと、たまたま巡り会ってもスルーしてしまう!
着るたびにホントに買って良かったな~と思える1枚を見つけて、楽しくおでかけしたいものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

Beauty001

2016.3.9

毎日のスキンケアについて

この頃しばしば耳にするのですが、この年代になってくると毎日のスキンケアが面倒くさいから手を抜き始めている、という方もいらっしゃるようです。 …

ページ上部へ戻る