40代女性の健康の悩み第一位!「疲れやすい」を緩和するにはどうしたらいいの?

hirou

40代の女性への健康アンケートで一位になったのが「疲れやすくなった」。これには色々な理由が考えられます。

その原因と、毎日元気に過ごすためにどうすれば良いのか、調べてみました。

<原因①:更年期障害>

()

非常に個人差がありますが、平均すると50~52歳が閉経時期と言われます。その前後10年が更年期障害の現れやすい時期。
40代になると段々生理不順になり、早い人では45歳頃から閉経になります。閉経が近づくと女性ホルモンのエストロゲンが減り、色々な症状が出始めます。

○症状

エストロゲンは女性の体全体に影響を及ぼすホルモンで、疲れやすくなったり精神が不安定になったり、皮膚にうるおいがなくなったり、骨が弱くなったり、といった症状に悩まされるようになります。
これには非常に個人差があり、特に症状がないか気づかない程度の人もいれば、寝込むほど強く出てしまう人もいます。

更年期の初期は、生理不順になったり出血が時々起こるようになります。のぼせたり汗が出やすくなったり、逆に冷えを感じるようになったり心臓がバクバクする人もいます。精神面にも影響があり、忘れっぽくなったりイライラしたり、いつも気持ちが晴れないなどの症状が出て来ます。

これが中期から後期になると、尿もれを起こしたり、肩こりや腰痛、足が重だるく感じられるようになります。お肌にもはっきり影響が出て、シワやたるみなどが顕著になってしまいます。うつのような症状が出て来ることもあります。

○更年期障害の治療法

一番多い治療法はホルモン補充。飲み薬、貼り薬などのタイプがありますが、乳がんやアレルギー症状がある人には使えません。
その場合は漢方薬を使う場合もあります。当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)などがよく使用されるようです。

<原因②:運動不足>

トド母さん

家事はかなり重労働の割りに、カロリーを消費しません。また、いつも同じような動き、例えば高いものを取る時は必ず右腕を使うといった、その人のくせがあります。そのため、動いているようでバランスがどんどん悪くなっているのです。

○体のバランスをチェックしましょう

鏡の前でチェックしてみて下さい。左右の肩や腰の高さが違っていたりしませんか?これは筋肉のつき方にバランスが取れていなかったり、ひどい場合は骨がゆがんでしまっているのです。これが肩こりや頭痛、腰痛、手の冷えやしびれといった症状の原因になります。ひどくなると四十肩、五十肩になる場合もありますから、意識して左右のバランスを取るようにして下さい。

<原因③:体の代謝が悪い>

基礎代謝量は40代から急激に下がることが分かっています。代謝が悪くなると体内の老廃物をうまく排出できなくなり、疲れやすくなるのです。いわゆる「老化」です。

○老廃物を排出できるアイテム

この老廃物を排出できれば、疲れにくくなります。食物繊維やクエン酸、酵素を摂ると良いと言われています。
サプリメントも販売されていますが、できれば普段の食事で摂った方が肝臓に負担がかかりません。野菜や納豆、味噌などを積極的に摂りましょう。

○アルコールを控えて肝臓・腎臓のケアを

また、老廃物を浄化するのは肝臓と腎臓です。お酒の飲み過ぎは肝臓にも腎臓にも非常に負担をかけますから、疲れやすくなったと感じたら、しばらくアルコールは控えましょう。食品ではレバー、うなぎ、ごま、ブロッコリー、カボチャ、ナッツなどが肝臓の働きを活性化させると言われています。

 

40代の若さで「老化」なんて言われたくありませんよね。日々のちょっとした事の積み重ねで、若さは取り戻せます。
これからでも全然遅くありません、疲れにくい体を作って行きましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

young asian woman in the hair salon

2016.1.23

白髪が目立ち始める年齢だからこそ。覚えておきたい白髪染めのポイント!!

40代となると、子育ても一段落し、ゆっくりと自分の時間をもてるゆとりが出てくる人も多いものです。 しかし、ふとした瞬間に白髪が気になる事が…

ページ上部へ戻る