40代からの美容やダイエットについて

2ca4e3188ebffe12c87db803f03dcb4c_s

40代ともなりますと、お腹周りや背中周りなどに贅肉がだんだんたまってくる年齢でもあります。若々しかったあの頃と変らぬボディラインを目指して、日々ダイエットに励まれている方もいらっしゃることでしょう。

毎日のスクワットやジムでのトレーニングに合わせて、さらにお腹周りのツボ押しを試してみるのもいいでしょう。

お腹周りにはおへそを中心にして、便秘や婦人病改善、精神疾患などに関する女性疾患特有のツボがたくさん集まっているのをご存知でしょうか。

ツボ

98c215569fc2126b3f3ea8c45bd170fd_s

ツボの大きさとしてはだいたい500円玉くらいで、おへそを中心にして十字架上にツボが配置されていますので、親指で

ゆっくりとツボがわかるとこまで気持ち良い程度に押してみて下さい。

下半身を中心にして血の巡りが良くなって、だんだんとお腹の腸の動きが改善されてくるのを実感されることでしょう。

美容やダイエット効果

e90dcaea31a56f39cad38ce25a7f75b0_s

これらのツボ押しには美容やダイエット効果のみならず、汚れた血液を流す作用もありますので、女性特有の更年期の症状や子宮筋腫などにも効果があるツボだと言われています。

背中周りの贅肉対策

背中周りの贅肉対策としては、肩甲骨はがしや筋膜リリースという運動を日常生活の中でとりいれてみましょう。

両肘をぐっと後ろへへ引いて、そのまま肩甲骨をゆっくりと上下に動かしていきます。

または床に四つん這いになって、両肘を合わせて背中の筋肉に意識を集中して、ゆっくりとストレッチしながら肩甲骨の筋肉を伸ばしていくやり方です。

若々しい背中や後姿

若々しい背中や後姿を作るのには、肩甲骨が正しい位置にあって、柔らかい筋肉を保っている必要があるのです。

どうしても40代以降の方は、両肩が前に出てしまいお腹がポッコリとしてしまいがちなのですが、これらの背中の筋肉や肩甲骨の運動によって、正しい姿勢とボディラインを保っていくことが出来るのです。

パソコン作業や家事の合間に、こういった肩甲骨の運動をとりいれていくと、よりすらりとしたラインになれるのです。

なかなか効果が実感できない

40代からはダイエットにハードなトレーニングを取り入れたとしても、なかなか効果が実感できないことが多くあります。

漢方薬

そこで最近注目されているのが漢方によるダイエットなのです

皮下脂肪の多い方にありがちな症状としては、便秘がちでお腹が張って仕方がないという方や、精神的にイライラしやすく過食気味になってしまう方もいらっしゃいます。

そういった方々には防風通聖散という漢方薬でしたら便秘解消に大変有効的ですし、大柴胡湯でしたら神経質で食欲にムラのある人の食欲を抑える効果があります。

40代以降の女性の大半が悩んでいる体の冷えに対しては,当帰芍薬散という漢方薬がおすすめです。

身体の芯から冷えを温めてくれますので、血の巡りを良くしながら余分な水分やむくみを押さえることが出来るのです。

40代からの女性でもすらりとしたボディラインを

これらの漢方薬をこれからのダイエットに取り入れていくことによって、40代からの女性でもすらりとしたボディラインをキープしていくことが可能と言えるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

attractive asian woman beauty image

2015.11.23

ボディのお肌もお手入れしましょう

顔は毎日きちんとお手入れをするけど、首から下はどうせ見えないから何もお手入れをしてないとか、などとボディケアをさぼっている方はいらっしゃいま…

ページ上部へ戻る