40代の肌メイク。ずっと同じメイクをしていませんか?

428b5f367b2b87ce8fb746a786e275b5_s

普段のメイクはどのようにされていますでしょうか。

昔と比べて濃くなってきたという方、お化粧していても意味がないと半ばスッピンでいる方。

50代60代の方と同じ「オバ様グループ」に所属するか、20代30代と同じ「お姉さん」グループになるか。

40代は分かれ目の年代でもあります。

確実に実年齢が

24d32fd517e3d49c46f2d90c216db784_s

まさか20代の頃とメイク法を変えていないという方はいらっしゃいませんよね?

お顔だけ若くなっても、服装や姿勢、しゃべり方、手や首、髪の毛などの部分には確実に実年齢が出るものです。

40代は若作りしているとイタイと思われる年齢

03ec53c63df44bcdcde0476f776fa3a6_s

すべてをパーフェクトに若く見せているという方はそれでいいのでしょうが、40代は若づくりしているとイタイと思われる年齢です。

若い時のように、まつ毛をバサバサにしていたり、囲み目のメイクはもう似合いません。

ナチュラルメイクが1番似合う年代

c97e1380fc8b27d54f279cace209dd5b_s

かといってオバ様たちのような、厚塗りのお肌に口紅も真っ赤というお化粧をしなければいけない年齢でもありません。

つまりナチュラルメイクが1番似合う年代でもあるのです。

大人の女性の余裕をみせつけるようなメイク法

何十年も同じメイク法をしているという方、ずっと同じ化粧品を使っているという方、今すぐ見直しに取り掛かりましょう。

ここでは大人の女性の余裕を見せつけるような、お肌のメイク法をお教え致します!

老け顔の原因

メイクで1番大事なのはお肌づくりです。

少しでも白くなるような下地を使っている方、今すぐにやめましょう。

首や耳や体と白さに差が出ると、顔が大きく見えますし、老け顔の原因となります。

リキッドファンデーションは40代では危険

4c8e21b0a0e255732c5541f8d08d8d9c_s

下地はコントロールカラーを使って、ムラを消すくらいのつもりで塗りましょう。

リキッドファンデーションを使うのは40代では危険です。

レンガのようなお肌

毛穴やシミを隠そうと厚めに塗りがちですし、まるでレンガの様なお肌になっている方が多いです。

体全体が壁だとしたら、他は模様がついているのに、お顔の部分のレンガだけ無地のようなものです。

ファンデーションタイプのものを2色

7baf4b85f2d60f7547f5277812b0ada9_s

他との調和がとれておらず、悪目立ちするので美しいメイクとは言えません。

ファンデーションはパウダータイプのものを2色使うようにしましょう。

肌より白いものは絶対に選ばない

顔の中心は肌と同じ色、外側は少しだけ暗めの色をのせるようにします。

ここでも肌より白いものは絶対に選んではいけません。

オバ肌まっしぐらです。

カバー力

メリハリをつけることで、たるみのない肌に見せることができますし、暗めの色を合わせることでカバー力が上がります。

厚塗りを避ける

ラメの入ったものやマット過ぎるタイプのものは止めましょう。

きれいな羽衣を着るくらいの気持ちで、厚塗りを避けます。

暗めのコンシーラーで対応

これでお肌のメイクは完成です。

どうしても気になる部分は少し暗めのコンシーラーで対応しましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

82f7811f340810b449e2ee86fe00839d_s

2015.12.12

インターネットラジオをおともに、おうち時間を楽しく

インターネット上のラジオ番組で音楽、語学などを流しながら、自宅での家事やリラックスタイムをより充実させてみてはいかがでしょう。 国内外のさ…

ページ上部へ戻る