自分の目指すファッションスタイルに近づくために

Comp_70194564

ファッションは女性の楽しみのひとつですよね。

新しく購入した洋服に袖を通す瞬間などは、至福の時ですし、春から冬にかけてそれぞれの季節ごとに提示される流行服をチェックするのも、わくわくしてしまうものです。

それぞれの年齢で似合うコーディネート

fashion clothing

20代、30代、そして40代以降、それぞれの年齢で似合うコーディネートも変わってくるので、ナチュラルに似合う洋服やアクセサリーを身に着けるのがベストです。

自分の魅力を引きだす組み合わせ

Portrait of beautiful model outdoors

いろいろなテイストの洋服を数多く試してきた中で、自分が好きなデザインや自分好みのテイストはできればずっと継続したいものですが、それらは他の人から見た印象が、自分のイメージとズレてしまっていることもあるかと思います。

ワンパターンの組み合わせや毎回同じ色をメインにコーディネートするのは安心感がありますし、楽なのですが、自分の魅力を引き出す組み合わせを知ることにより、洋服を選ぶのがより楽しくなったり、似合うと言われる回数が増えてくるかもしれないという可能性を考慮すると、新しいスタイルにチャレンジしてみるのもよい機会なのかもしれません。

自分の肌が映える色をできるだけ多く見つける

Comp_64250067

まず、自分の肌が映える色をできるだけ多く見つけることがポイントです。

例えば少し若い頃だったら似合っていた黒が、今は良く見ると顔うつりが良くなかったり、パステルカラーの洋服が、コーディネートから浮いて見えてしまっていたりするなど、肌うつりが良い色とそうでない色を身に着けている時の印象はおおきく違ってきます。

幅広く試着

その場合には、黒は顔から離れているボトムスや靴に使用したりすることができたり、パステルカラーはバッグやスカーフなどの小物類で活用してみるのもひとつの方法です。

さらに、自分に似合う色をカラーマッチングなどでアドバイスを得たり、ブラウンなら明るい色味から濃い色味まで、幅広く実際に試着してみることをおすすめします。

洋服の素材は質の良いものを

また、洋服の素材は質の良いものを選ぶと、着心地の良さを実感できるので、着ているだけでハッピーな気分が持続します。

生地が良いものだと丈夫で長持ちすることが多いので、コストパフォーマンスも良く、使い続けるうちに、値段の安いものを多く購入するよりも結局はお得になることが多いです。

自分の印象はどう映っているのか

また、コーディネートはもちろん、ヘアスタイルやメイクなども、家族や友人、洋服の店員さんや美容師の人など、できるだけ自分の印象はどう映っているのか、聞いていることをおすすめします。

わりと勇気が必要なこともありますが、アドバイスを得るうちに少しづつ変えられるところは変えることができますし、より自分のイメージと他の人から見た印象との差が縮まってくるので、自分の理想とするスタイルへと近づくことができます。

ぜひ自分の魅力をどんどん再発見して、その年代で楽しめるファッションを実践してみてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

Comp_103916217

2016.3.15

40代に似合う春色の服たち

春色の服が並ぶようになった店頭を見ると心も弾みますよね。 でも、40代だと「明るすぎる色だとイタく見えないかな?」と心配で手にとれないこと…

ページ上部へ戻る