アロマの活用で癒しのある毎日の過ごし方

aroma

今時の現代女性は忙しい毎日を送っています。育児に仕事に介護などもあります。
そんなストレスの中でも、ほっとできるアロマの効果を利用して、ストレス軽減、日々の暮らしを豊かなものにしましょう。
そんな現代女性の強い味方になってくれるアロマについてご紹介したいとおもいます。

1、湯船に手作りバスソルトで一日の疲れをとりましょう。

basusort

お風呂は一日の疲れをとってくれる、とってリラックスできる場所なんです。
そこに手作りのバスソルトをいれると癒しの効果倍増ですよ。まず、アロマといわれている精油はそのまま湯船に垂らしていれてしまうと、お湯とうまく混ざることなく
水面に浮いてしまい、原液をが直接肌についてしまう可能性があります。

まず白にアロマを垂らして混ぜるこで、お湯にいれた時にしっかり溶け込んでくれるのです。
白も発刊作用があるので、新陳代謝もよくなり。とっても効果的なんです。香りは自分が一番リラックスできる香りがいいですね。

2、ボディーオイルはラベンダーとオレンジで。

お風呂から上がったら必ずボディークリームやオイルを塗りましょう。オイルは最近流行っていますしとてもしっとりするのでおすすめです。
精油を一滴ぐらい混ぜてから使うとあっという間にアロマの香りが心地よいボディーオイルの完成です。
寝る前のお風呂なら、ラベンダーとオレンジがおすすめです。どちらも沈静作用があり、深い眠りが期待できます。
ちょっと疲れてしまったり、イライラしてしまうことがあっても、香りを体内に取り込むような気持ちで深い深呼吸をしましょう。
きっと気持ちが穏やかになるはずです。

3、朝起きずらい時は爽やかなレモンやジャスミンなどの覚醒効果のあるアロマを使いましょう。

white Plumeria on wood background

朝、なんとなくだらだらと過ごしてそのままのモチベーションで一日が終わってしまうこともあります。
せっかくの貴重な一日がもったないですよね。なかなか起きられない、寝起きが悪いときなどは爽やかなレモンなどがおすめです。
またジャスミンなども覚醒効果が期待できます。ローズマリーなども鼻の奥とツンと刺激するような香りがとっても効くんです。
専用の素焼きの陶器に垂らすのが簡単ですね。また、そのような専用のものがないときはティッシュなどに一滴垂らしてもいいです。

そのままバックに入れて外出先でも一日いい香りを楽しむのもいいかもしれませんね。
精油は香りだけではなく、実際につけると皮膚から吸収されていきます。海外では薬として使っている国もあります。
それぐらいしっかり効果が期待できるアロマです。上手に取り入れてストレスに打ち勝てる体と心つくりをしていきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

Old pink ballet shoes on a wooden floor, vintage process

2016.3.17

春の軽やかアラフォースタイル

どのファッション雑誌でも、もう春ファッションが展開されていますね。 40代女性ならではの大人っぽさは失わず、春らしいカジュアル感はだしたい…

ページ上部へ戻る