ファッションは流行を意識しているのにメイクは若い時のままじゃない?

make

流行に敏感な世代であるビマジョ世代。ファッションは流行を意識してトレンドのものをどんどんと取り入れているのにメイクやスキンケアに関しては若い時のままアップデートされていない、という方も少なくないのではないでしょうか?
メイクの仕方や、持っているアイテムもマンネリ気味のあなたに少しのポイントでこなれ感が出るアップデート方法を伝授いたします。
そのポイントはずばり「アイメイク」です。新色の季節のカラーを買い足しましょう。というのではありません。
今回は誰もが持っているベージュでビマジョ世代をさらに綺麗に華やかに格上げしたいと思います。

アイメイクのカラーでたいていの女性が持っているベージュカラー。ベージュは無難だし、どんなファッションにもあわせやすいナチュラルカラーであることが支持される理由でもあります。さらには様々なシーンでもマッチする使い勝手の良さも人気の秘密なのです。
ビマジョ世代がいかにも「お化粧頑張っています!」というカラーアイメイクだけでなく品のあるベージュアイメイクで引き算の綺麗さを目指してみましょう。
なじみがよく、ミスが分かりにくいカラーでもあるのでどんどんと新たな自分の魅力を引き出していくのが正解です。

(塗り方)

ブラシや付属のチップだけでなく、自分の指で塗ってしまうのも一つの方法です。
ビマジョ世代は自分流のメイク方法が確立されている頃でもあります、しかし、自分が正しいと思っているメイク方法は実は「時代遅れ」ということも。
品よく見えて、目力を出すポイントとしては、まぶたに広めに塗るという事、そしてアイライナーはいつも使っているブラックのものをブラウンに変えてみましょう。それだけで十分新鮮に見えます。

 

(色と質感でバリエーションを広げる)

ベージュといえども黄み・赤みのあるもの・グレーっぽいものなど幅広いカラーバリエーションがあります。その日のファッションやシーンで変えるだけでも印象は変わります。
そして質感は、華やかさを出したいパーティー仕様グリッター系・自然な立体感を出すつや感のあるもの・そしてかっこいい印象を与えてくれるマットなど、使い分けることで無難なカラーも広がりを持ちます。目だけのポイントばかり気にせずに顔全体を遠目でみるとか着ているファッション、トータルで鏡で見てチェックするだけでも違います。
ビマジョ世代で一番イタイのは「やりすぎ感」です。大人の女性が持つ余裕を感じさせるベージュのアイメイクで人とは違う差をつけてみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

tarumi1

2015.10.10

お肌のたるみ解消法

鏡をみるたびに、お肌のたるみが気になって仕方がないという方もいらっしゃることでしょう。 たるみによって、お顔が年齢よりも老けて見えてし…

ページ上部へ戻る