毎日お鍋でも飽きないおいしいお鍋

Comp_73366290

毎日お鍋が続くと、飽きてしまうことがあります。

しかしお鍋は具を切っていれるだけなので、洗いものも少なく、そして短時間で作ることができるので主婦の味方です。そこで、毎日お鍋でも飽きたと言われないように、ちょっと変わったおいしいお鍋を紹介します。

1.ポトフ鍋

ポトフをお鍋にします。

まず、普通のポトフのように、ブイヨンでスープを作ります。

そして、ウインナー、にんじん、ブロッコリー、鳥肉、じゃがいもなど、ポトフに入れるようなものを入れ、また鍋に定番な白菜などを入れてもおいしいです。

締めにパスタ

そして煮たら完成です。締めにオススメなのは、パスタです。パスタを入れると、コンソメスープのパスタというおしゃれで、そして胃に優しく食べやすいスープが完成します。

2.クリームシチュー鍋

Comp_86211224

クリームシチューだと煮込む時間がかかりますが、お鍋で煮て、みんなでわいわい言いながら煮込むと、煮込む時間もあっと言う間です。

こちらも、クリームシチューを作るように作るだけです。

具はニンジン、はくさい、キャベツ、ブロッコリー、ウインナー、鳥肉、豚肉、牛肉など、何を入れてもおいしいです。

締めにはご飯

締めにオススメなのはご飯です。入れるとリゾットができあがります。

その上からチーズを乗せたり、パセリをふったりするとおしゃれなイタリアンの完成です。

3.キムチ鍋

キムチ鍋を自分で作ることで、辛さを調整できるので、子供がいる家庭でも安心です。

まず、昆布などでだしをとった鍋をつくります。

こちらも具は何でもよく、肉だけでなく魚や貝のようなものもぴったりです。

具によく火が通ったらキムチを入れて少し温めて完成です。

もし、家の人に辛いものが苦手な人がいる場合は、各自お皿に入れてから温めておいたキムチを入れることによって、キムチ鍋を楽しむことができます。

ポン酢やゴマだれ

キムチを入れない人はポン酢やゴマだれなどで食べることができます。

締めにラーメン

締めにオススメなのは、ラーメンです。ピリっと辛いお鍋を食べて、身体をしっかりと温めてください。

4.コーンスープ鍋

粉末のコーンスープを分量通りに鍋に入れて、クリームシチューのような具を入れます。

もちろん、コーンを入れるとおいしく、クルトンにもよくあいます。甘くて食べやすい鍋です。

締めにパン、パスタ、チーズ

締めにおすすめなのは、パンやパスタです。しっかりと味がついているので、何かをつけても楽しむことができます。またチーズを入れると、チーズフォンデュのような味になります。

5.鶏まるごと鍋

鶏をまるごと購入できるというは、鶏をまるごと前の日からお鍋に入れて、じっくり煮込んで、まるごとの鶏から出たスープを楽しむことができます。

しっかり火が通っていれば柔らかく美味しい鶏になっているので、それをほぐしながら食べることができます。

バターライスやニンニクライス

また、手間はかかりますが、鶏の中にあらかじめ、バターライスやにんにくライスを入れておけば、おいしい締めの完成です。手間はかかりますが、家の外ではあまり食べられない珍しい鍋を食べることができます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

Summer Holidays. Travel Vacation To Spa Resort. Beautiful Fashio

2016.3.14

水中での運動でシェイプアップ

運動不足気味だったり、普段の何気ない動作で姿勢が崩れていたり、肩こりや腰痛でお悩みの方もいらっしゃいます。 そんな方に、水中でのプール運動…

ページ上部へ戻る