健康な髪になるための方法

5fb5515e78953c09abb8bc263279f579_s

女性も年齢を重ねると髪の健康も気になるところです。

普段何気なく髪をといて、シャンプーしてドライヤーしたりしていますが、その方法を気を付けると、髪を傷めることが減っていきます。

普通に毎日していることが、髪を傷つけていることがあるようです。

その方法を気を付けてみて、健康な髪になってみませんか。

毛周期によって、毛が抜け落ち新しく生えて変わっていきますから、持続していると変化が現れるかもしれません。

・ドライヤーに気を付けてみる

自宅で髪を傷めている原因のもっとも多い理由にドライヤーがあります。

考えてみれば高温度の熱を髪に直接当てているわけですから、髪は傷むはずですよね。

髪はタオルドライして水分を拭き取った後、温風と冷風を交互にするように、高温度の熱を直接当てている時間を短くしましょう。

距離を離してもよいです。自然乾燥だけでも、濡れた髪の毛穴に雑菌がたまり不潔ですので、注意してください。

・シャンプーに気を付けてみる

36ee73ebc5ad0184ac6b22e361417e3a_s

市販されているシャンプーの多くは泡立ちを良くするための、界面活性剤入りの合成物質が含まれたシャンプーがほとんどです。

テレビCMで最近見るような、高額のシャンプーはノンシリコンで、髪にやさしい成分になっています。

泡立ちが悪い方が良いシャンプーだと言われますが、その通りです。あまりにも髪が傷むようなら、少し高額なシャンプーに変えてみてもいいかもしれません。

・湯シャンしてみる

ちまたで話題になっている湯シャンは、湯だけで髪を洗う事です。

髪に余計な添加物を与えないことで、髪本来の力を取り戻す方法となります。

気になるところですが、最初は髪が本当に洗えているか清潔になっているかも不安です。

ですが、試してみる価値はありそうなので、長期連休や誰にも会わない週末に試してみてはどうでしょうか。

合う合わないもありますので、チャレンジしてもよいですね。

・美容院でのトリートメント

髪に直接塗料を付けている美容院はもちろん、髪を傷める原因となっています。

パーマ、カラーなどは、何度も塗料を塗り、髪に浸透させるために高熱を当てますので髪を傷めます。

同時に美容院でしているトリートメントメニューを頼んでみましょう。

パーマ、カラーも市販では買う事ができない塗料ですが、トリートメントも業務用を使用しているので、髪にはよいです。一度試してみましょう。

・ブラッシングを丁寧に

当たり前に毎日している髪をとくブラッシングですが、これも実は地肌の血行を良くします。

毎日丁寧なブラッシングは髪によいことです。

たわしの形をしているもので地肌をマッサージしたり、また、櫛の部分が動くタイプのものもあって、地肌にあてているだけでも気持ち良いです。

初心に帰って髪を丁寧にといていると、自然に髪もつやつやな状態になってきます。

女性の髪はホルモンの変化によって、高齢になるほど状態がよくないことが多いです。

若年層の間から、しっかりケアをしたほうが、将来の自分の髪にとってはよいことです。

薄毛に悩む前に自分でできるケアをしておきましょう。

髪がきれいだと女性らしく美しく見えますので、髪のケアは大切したいことです。

憧れの長い髪を風になびかせたりしたいものですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

Comp_86478735

2015.11.20

エアロバイクについて

スポーツジムなどに行っている時間がないけれど、汗をかきながら確実にダイエットしたい。 そんな風に思っている方にはエアロバイクがおすすめです…

ページ上部へ戻る