保温調理鍋で節約そして料理上手に

bff23157cfb34e19c899ef8943516f0f_s

最近、有名料理器具メーカーから、保温調理器がたくさん売られています。そこで、保温調理器の中でも、保温鍋を使うメリットを紹介します。

1.電気・ガス代の節約になる

保温力が強いので、少しガスや電気コンロで温めるだけで、その温度が持続されます。たとえば、煮るのに時間がかかるカレーやシチュー、煮ものなどを作る際に大活躍します。また、火を使わない時間はガスコンロの前で見たり、火加減を調整する必要がないので、安心して他の家事をしたり、出かけたりすることができます。

2.子供にも安心

何時間経っても温かいままなので、子供だけでご飯を食べてもらうというときにも安心です。温かいままなので、温め直す必要がないからです。火を使うとやけどをしないか、火事にならないか、と心配になってしまいますが、これなら安心して出かけられます。また、火を使うと焦げ付かせたり、上手く温め直せないということもありますが、そのような問題もありません。また、子供が料理をしたい、というときには、温めなければいけない工程だけ手伝って、味付けなどは火からおろしてからする、というようなこともできるので、お手伝いもしやすくなります。

3.煮崩れしない

煮ものをよく煮ると、煮崩れは仕方が無いものですが、保温鍋は揺れずにやさしく火を通してくれるので、煮崩れすることはありません。形はそのまま、しかし味や柔らかさはしっかりとした綺麗な煮ものを作ることができます。煮ものが苦手という方にもおすすめです。また、煮玉子のような味がしっかりと染みこんでほしいという料理にもぴったりです。また、少量の調味料でしっかりと味が染み込んでいくので、調味料などの節約にもなります。

4.洗いものが減る

05b45456aeffffdd7b58359283093a44_s

たとえば、おでんを作るときには大根などを別茹でして、入れることが多いですが、それでも煮込むのに時間がかかってしまいます。しかし保温鍋ではしっかりと食材が柔らかく、味が染み込むので、下ゆでしておく必要もありません。そのため、鍋一つでできる料理が多いので、洗いものも減らすことができます。

5.デザインが豊富

保温鍋は机の上に置いてみんなで取り分けて楽しめるように、デザインがおしゃれなものが多く販売されています。自分の家にあったデザインを選ぶことで、楽しく料理ができ、またインテリアにもなります。

6.料理のレパートリーが増える

家ではできないような、何時間も煮込まなければいけない料理を、一晩置いておくだけで作ることができます。忙しい主婦に強い味方です。また、保温鍋は火の伝導率が大変良いものが多いので、普段の料理にも大活躍できます。保温鍋は普通の鍋と比べて決して安くはありませんが、使い方を考えてメリットを活用すれば、節約はもちろん、料理のレパートリーを増やし、もっと料理上手になることができます。保温調理器ブームの今、その保温鍋を活用できるレシピ本や特集が組まれた料理雑誌も増えているため、持っていることで話題にもなるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

13e43d8acb66997465c3d932e7421781_s

2016.1.20

フライパンで作るホットサンドとランチパックのフレンチトースト

熱々のホットサンドが食べたい!でもホットサンドメーカーがないと作るのは難しい? とろ~りチーズが魅力ですよね♡ ホットサンドというと、専…

ページ上部へ戻る