効率的な休日の過ごし方

a882f374c60aa81480901e8653aedade_s

忙しい平日から、休息の土曜日と日曜日。とは言っても、主婦の方には関係ないのかも。休日は、ダラダラするよりアクティブに過ごしたほうが、いい休息になって月曜日のコンディションも上がるそうです。

運動しながらでも、学ぶ

「勉強時間を確保している」

7e87ada2a5fbe224cda1745fac797b8a_s

忙しいからこそ、スケジュールをちゃんと立ててみる

人間は生まれながらにして不平等です。生まれた場所も違えば、家柄も環境も違う。平等なものは二つしかない。時間とチャンスです。

一週間の予定を組む。献立など。

身の回りの情報を整理する時間にする

土曜日は前週の整理の時間。日曜日は翌週の準備の時間というのが土日の使い方です。

知らないことを体験しに行く

75d57c576616c6eba31b7d573e0883c2_s

休日を利用して旅行へ行くことによって、新しい経験をするのがおススメです。

地元の人と話すことで新たな気付きが得られるかもしれませんし、歴史的な建造物を見ることで気づきがあるかもしれません。

話題のお店に行ってみたり、触ってみたり

情報収集という視点を持って、さまざまな物事に触れていくことが必要です。

仕事や家事をバリバリこなすには、脳に「適度な刺激と、考える癖を与えてあげること」が必要なのです。

出かける余裕がなければ、家でも大丈夫

いろんな本を読む

本を読むことで、著者が数十年かけて学んだ知識を、たった数時間で知ることができます。

ノンフィクション本を10%読み進め、アイデアを得る。自己啓発本を10%読み進め、アイデアを得る。優れたフィクションを10%読み進める。

こんなふうにちょっとずつ読むのでもいいみたい。

好きなことに時間を使う

熱中できる趣味などがあれば、休日をそれに費やすのも良いでしょう。仕事や家事を忘れて楽しむことができれば、効果的なストレス発散になるはずです。趣味に没頭することで教養を深めることもできるので、すごく有意義だと思います。

また、非日常的なことをすると、リラックスすることができます。たとえば、旅行やドライブなどで、初めての場所へ行くといったことです。新しい刺激を得ることができますから、新鮮な気分に浸ることができます。週明けの仕事や家事も、生まれ変わった気持ちで挑めるはずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

make

2015.10.13

ファッションは流行を意識しているのにメイクは若い時のままじゃない?

流行に敏感な世代であるビマジョ世代。ファッションは流行を意識してトレンドのものをどんどんと取り入れているのにメイクやスキンケアに関しては若い…

ページ上部へ戻る