人に優しくできない時に考えたいこと

f97d63dd70f202a292a88ebc1020e513_s

最近人に優しくできなくなった…

心の余裕がなくなってくると、人に対して優しくできないもの。

最近人に優しくできないな、イライラして人に当たってしまうな、そう気づいた時こそ考えたいことを紹介します。

優しくしたくない、という人って本当はあんまりいないと思うんです。

▼人に見返りを求めていない?

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s

自分が思ったように見返りがかえってこない時イライラしていませんか?

見返りはかえってこないことの方が多いという風に思っていた方が、気が楽になりますよ。

「この間、~してやったのに何の恩返しもしないなんて常識知らずだ」「あいつの仕事のミスを庇ってやったのに感謝の気持ちも無いのか」等この様に愚痴を言う人がいますが、優しさや親切心とはそもそも見返りを求めてするものではありません。

自分から進んでやりたいと思った時じゃない時は、見返りがこないことに対しては、してやったのにというのはやめて、最初からしない方が自分の心のケアてきにとてもいいです。

もし、見返りがあってもいいはずなのにこない場合は、ある程度、その人のことは、割り切ってしまいましょう。要は、何かされてもそれが当然と思ってるか、全く価値がわからないかのどちらかの人です。

そういった人には、自分の心が疲れるので、見返りを期待した行為は次回からはやめましょう。

相手に期待した場合、落ち込むのは自分です。

必ずリターンできる相手には、真摯に向き合ってお付き合いをし、自分も何かされたら、必ず相手にリターンできる性格になるよう、それなりに努力しましょう。相手に求めるだけではダメです。

▼「してあげる」「してやった」と思っていない?

f9e326d87748b37fa8ea82da1608c568_s

それ、優しさの押し売りになっているかもしれません。相手を思いやっての行動ならば「手伝いが必要だったら声をかけてね」など一言声をかけるのがいいかもしれませんね。

「~をしてあげる」と言う考え方は、「あなたが困っているみたいだから私が助けてあげる」と好意を持って言っていても上から目線で物を言われている様に取られます。

受け取り手側から見ると「余計なお世話」「上から目線で偉そう」と思われてしまいますので、他人が困っている事に対して手を差し伸べたいのであれば「よかったら、手伝うよ?」「何でも手伝うから声を掛けて」等言い方を変えてみましょう。

▼居心地の悪い雰囲気は自分が作っていない?

最近そこに居づらいと感じる場合は、もしかしたらあなたに原因あるかもしれません。

自分が居やすい場所にする為にも、言葉や行動を少しずつ変えてみませんか?

気づいた時に、客観的に自分を見る癖をつけることです。

あなたがとった優しくない行動や言動がきっかけで、その場の雰囲気が悪いものに変えてしまうこともあります。しかし、また、それを良い雰囲気に変えることができるのもあなたなのです。

自分が変えられるその場の雰囲気にもっと自覚的に「関わっている」という意識をもちましょう。

身繕(みづくろ)いや部屋の状態というのは、日常の行動の総体。そこには、その人の脳の状態が投影されています。部屋の整理と脳の中は、基本的に相関するわけです。

▼体の声を無視していない?

体を酷使していませんか?何をするにも体が資本です。

物は休まず動かし続けるとすぐに壊れます。それは人間も同じです。ゆったりとお風呂に入ってリラックスしたりできるようなクセや工夫をしましょう。

早朝にウォーキングや運動をしたり、スッキリしたダイエット食を食べたり、生活にメリハリをつけて健康的に過ごしましょう。

お風呂に入って、全身綺麗で、マッサージもしたりするような生活になれば、メリハリの中に、リラックスする時間もできて、とても自分が好きになります。客観的に自分を観察することも大事ですが、自分を好きになることもとても大事です。

心と体は密接に関係しています。体が万全の状態でないと、心に余裕を持つまでの作用は働きません。

「十分な睡眠、バランスの良い食事」は基本的だけれど最も大切なこと。逆に「食べれない、眠れない」というのは、心に問題がある状況で、余裕をもつどころではありません。

▼自分に自信がなくなっていない?

自分に自信がある人は余裕があります。心に余裕がある人は人に優しくすることができます。

人を攻撃してしまう時ってどんな時でしょうか?
気分がいい時にするでしょうか?

人を攻撃してしまう時、それは余裕がなかったり、傷ついていたり、自分が嫌いだったり、愛されていないって感じる時に人は攻撃的な気分になってしまいます。

もしくは、相手に、何か自分的に考えた場合問題点があるのだけれど、それがはっきりとわからず、相手を問い詰め追い詰めてしまう場合があります。

しっかり、自分で棚卸しして考え、その考えを全く別の相手に聞いてみましょう。

そこから、何か解決案が出てくるかもしれません。

相手に何か問題点があるからと言ってそれを責めても、関係が悪化するだけで何も出てはきません。

自分を大切にしないと、他のものを大切にする余裕は生まれないのです。

いかがでしたか?

余裕を持てない時って誰にでもあるものです。そんな時こそ一息ついたり、自分としっかり向き合う時間を作ってみてはいかがですか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

Comp_78087531

2015.10.30

忙しい時こそ、心を解放してみませんか。

女性の毎日は、忙しいことでいっぱいです。子育てに介護、部下を育てる事…。時間のほとんどを、「人のために」使っているかたが多いのではないでしょ…

ページ上部へ戻る