2つの色で肌色アップ

80038f43884546a6d4185a5ddb77fbe9_s

最近では肌色をきれいに見せるために、メイクでは2つの色を使うことが流行っているようです。

自分の肌色がくすんできてしまっているので、いつも同じような肌に見えてしまってつまらない、もっと新鮮に可愛らしく変身してみたい、そんな風に思っていらっしゃる40代の方には、この秋に流行しそうな2色使いメイクをおすすめします。

2色のリップ

13aefdc395e2782ff7f6b3620c67e2c8_s

口紅を塗るときにも、同時に2色のリップを選んで使います。

唇に違う色同士を重ね塗りしてみると、不思議な新鮮感が出てきますので、今までのくすんでいたカサカサの唇が生まれ変わったようになるのです。

グロスの保湿効果

34d7d8cd8f46f96d60b33a2e33c439ef_s

グロスのテカリ効果は保湿にも役立ってきますので、この年代の方の乾燥気味の唇にはまさにぴったりなスキンケアと言えるでしょう。

グロスだけを使って唇を塗るときよりも、上品な感じが引き立ってきますので、大人可愛い感じに仕上がってくるようです。

流行

aa0a3b351620ccb10ce1d4f05bd3d21e_s

今ではこうしたカラーが違うリップを塗ることが流行っているそうです。

柔らかいトーンの色味

8aa649f41de6b2a24d20516b669c81dc_s

また、塗り方にももう一つのアレンジがあるようで、上下の唇でそれぞれに違ったカラーのリップを塗ってみます。

一般的な方の唇を見ますと、上の唇の方が下の唇よりも薄いと言われていますので、上に薄めの色、下に濃いめの色を塗るようにしてください。

それぞれに色を付けた唇を擦り合わせることによって、何ともいえない柔らかいトーンの色味が生まれてくるそうです。

上品な可愛い唇に大変身

6eeb5c44ce9bef44fcadf2b759564204_s

もともと唇の色は、上下で多少の違いがあるそうなので、カラーをそれぞれに変えて塗ってあげることで、より健康的で美しいリップを作り上げることができるのです。

あなたの乾いてしまった唇にも潤いが戻ってきて、上品な可愛い唇に大変身が出来るのです。

カラーが長持ち

食事をしてもリップがなかなか落ちにくくなるので、カラーが長持ちします。友人にランチに誘われた時にもお役立ちしそうなスキンケアと言えるでしょう。

ファンデーションにも応用

この2色使いというスキンケアは、口紅だけではなくファンデーションにも応用することが出来るようです。

下地にはなるべく明るめの色のファンデーションを置いてあげて、鼻筋のラインや頬骨のフェイスラインには暗めの色のファンデーションを塗ってあげます。

首筋は日焼けしがちな部分なので、暗めな色のファンデーションを一緒に馴染ませてあげると、より自然なメイクに仕上がるのです。

2色のファンデーションで自然な陰影

2色のファンデーションを使い分けることによって、自然な陰影を出すことが出来るようになるのです。

ご興味のある方はお試しになるのもいいでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

Comp_103014128

2016.3.11

オイル漬けの保存食

オイル漬けとは? 食材をオリーブオイルに漬けたもの。 風味がよくなるだけでなく、生魚や生肉でも冷蔵庫で一週間以上保存できるようになります…

ページ上部へ戻る