全年代の女性が希望する二重整形。これからでも出来る?方法をご紹介します~その2~

b6d4fd61deb0811df17f15ba895be708_s

誰もがあこがれる二重眼。外人のようにぱっちりすぎるのはちょっと目立つけれど、二重と一重では全く印象が変わりますよね。

一重でもきれいな女優さんはいるけれど、みんな元の目が大きいんです。

小さくて一重だと、メイクしてもあか抜けないし、すっぴんで外に出るのは、たとえ数分でも恥ずかしい…そんな人のために、二重整形について調べてみました。

<「埋没法」とは>

f72c6580acc2bc500a9185675fd8cec1_s

二重整形には「埋没法」と「切開法」があります。今回はより簡単で手軽に出来る、埋没法についてご説明します。

埋没法とは、まぶたの1点から3点ほどを糸で縫い留める方法です。メスを使わないので出血も殆どなく、早ければ15分くらいで手術が終わる手軽さです。

若い人に比べると腫れやすい

8b5cd1fd1fde897442a093494d649184_s

ただし、腫れには個人差があります。2~3日で腫れが引き、普通にメイクできる人もいれば、1ヶ月たっても腫れが完全に引かない人もいます。

針が血管に当たり、内出血を起こしてしまう人もいます。これは、医師の技術が問題の場合もありますし、

体質的に腫れやすい人、出血がなかなか止まらない人もいます。メスは入れないとはいえ、縫う訳ですから傷がつきます。

年齢とともに傷口がふさがるまでの時間が長くなりますから、どうしても若い人に比べると腫れやすくなる傾向があるようです。

<「埋没法」にも種類がある>

a02c155ed149c65d6eaa7633f02c7e8c_s

埋没法と言っても、まぶたの糸で留める箇所がいくつあるかで違って来ます。現在一番多いのは2点留めですが、

キャンペーンなどで1万を切るような価格の場合、1点留めのことが多いようです。

2点留め

この1点留めはまぶたのたった1箇所しか留めないので、取れやすいと言われています。二重のラインも不自然になりがちです。出来るだけ2点留めにしましょう。

確認

また、糸を留める時に結び玉が出来ますが、これの位置によっては表面が小さく膨れてしまうことがあります。

それも困りものですが、もっと困るのがまぶた内側に結び玉の膨れが来てしまい、目の角膜にしょっちゅう当たり、傷つけてしまう場合です。

手術の前にそういった点も確認して下さいね。

<痛みはどのくらいあるの?>

e9ab1cd155651aa1ef42cf865aced85d_s

手術には痛みがつきものです。そのために麻酔を打つ訳ですが、麻酔を打たれること自体が痛い場合があります。

最初に麻酔のクリームやジェルを塗ってから注射してくれるところが殆どですが、極端に痛みに弱い人は、医師にその旨を伝えましょう。

笑気ガスなどを使ってくれる所もあります。

まぶたをこすらない

術後の痛みは、これも人によって差があるのですが、通常2~3日で収まります。その間は痛くても絶対にまぶたをこすったり掻いたりしないで下さい。

糸が緩んで二重が取れてしまうことがあります。

クリニックは数カ所回る

最も気軽に受けられる二重の埋没法ですが、このように色々とリスクはあります。信頼できる医師を探すことが一番大切です。

クリニックは数か所回り、必ず自分でクリニックの雰囲気や受付、カウンセラーなどから見極めるようにして下さいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

Comp_86478735

2015.11.20

エアロバイクについて

スポーツジムなどに行っている時間がないけれど、汗をかきながら確実にダイエットしたい。 そんな風に思っている方にはエアロバイクがおすすめです…

ページ上部へ戻る