お肌のたるみについて

Comp_74469313

鏡をみるたびに、お肌のたるみが気になって仕方がないという方もいらっしゃることでしょう。

たるみによって、お顔が年齢よりも老けて見えてしまうこともあります。

そのままたるみを放っておいてはいけません。

たるみはお顔の頬の部分だけだはなくて、そのままですと口元や目元、あごなど顔全体に広がってしまう可能性もあるのです。

たるみ予防にお顔のマッサージを始めてみませんか

Comp_93346179

たるみの原因と言われているのは、年齢により筋力の低下だったり、お肌の中のコラーゲン成分が減少してくるからだと言われています。

たるみ予防にお顔のマッサージを始めてみませんか。

たるんだ脂肪も落とし、小顔効果にお肌にハリが

Comp_64250067

お顔のマッサージを行えば、血行も良くなりますので、お顔も明るい健康的な顔色になるでしょう。

たるんでしまった脂肪も落とすことができて小顔効果もありますし、肌にハリを取り戻すことが出来ます。

リンパの流れ

リンパの流れを良くすることによって代謝を上げることが出来ますので、若々しい美しい肌を手に入れることが出来る事でしょう。

肌の細胞も活性化されるので、メイクのノリが良くなっていきます。

顔のマッサージをする時に気をつけること

乳液や化粧水、美容液

Comp_40883398

マッサージをする際には、乳液や化粧水などでお肌を整えてしっかりと保湿をしてあげてから、ゆっくりとマッサージを行ってください。

リフティング効果のある美容液などを使えば、さらにたるみの予防には効果的と言えるでしょう。

目元の小じわ予防

目元の小じわ予防には、目頭から見尻に向かって優しく撫でていきます。

口元の小じわ予防には、口の端に指をおいて、こめかみに向かってくるくると円を描くようにマッサージしてきます。

鎖骨からあごに向かって、首筋もマッサージしていきます。

こうすることによって身体中のリンパの流れが良くなっていきます。

たるみ予防のためのこういったマッサージは、毎日続けることが大切になってきます。

顔の表情を鍛える

また、マッサージを行いながら、顔の表情筋を鍛えることも、顔のたるみの予防には効果的です。

口元を突き出したり、口元を広げたりする動作を30回ほど繰り返しましょう。

また、唇を重ねて、にいっと笑いながら口角を上げたり下げたりしていきます。

首筋やあごの下に力をこめて、上を向いたり下を向いたりを繰り返してください。

目元の表情筋を鍛える

次に目元の表情筋を鍛えます。

鏡に向かって、目を思い切り大きく見開いたり、眩しいものを見る時のように目を細めたり、目の周りに筋肉に力を込めながらぴくぴくと動かしてみます。

こういった動作を続けていけば、目元や口元、あごの周りなどのフェイスラインが引き締まり、たるみの予防になっていきます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

42a06380b6696fb6e8fc05d79885c70d_s

2016.3.5

加圧トレーニングについて

無理をして食事制限をしたり、筋肉トレーニングをしてもなかなかダイエットの効果出ないという方も多いことでしょう。 そんな方には加圧式トレーニ…

ページ上部へ戻る