透明感のあるくすみゼロの美肌を目指す正しいクレンジング方法

Dollarphotoclub_92784933

スキンケアばかりがクローズアップされがちですが、実は一日の汚れやメイクを落とすクレンジングってとても大切なんです。

間違えてたやり方をすると色素沈着の原因になったり、くすみの原因にになってしまったりします。

正しいクレンジング方法

1、デイリー使いはマイルドなものを選ぼう

Dollarphotoclub_92785406

毎日つかうクレンジングはなるべく刺激の少ないものを選びたいですね。ミルクタイプや水溶性のジェルクレンジングなどは刺激が少ないのでおすすめです。

乾燥肌の方はミルク、オイリー肌の方はジェルタイプがデイリーつかいにぴったりです。

専用の部分クレンジングで落とす

しかし、マイルドなタイプは洗浄力が弱めなんですね。一つのクレンジングですべて落とそうとは考えずに、全体的にクレンジングをするまえにポイントメイクで落ちにくそうなところは、あらかじめ専用の部分用クレンジングで落としておくのがいいですね。

特に目元なのどポイントメイクはとっても落ちにくいので専用のクレンジングを使いましょう。

洗浄力の弱いクレンジングでごしごししてしまうと色素沈着の原因になってしまいます。

2、クレンジングは素早く落とす!

クレンジング剤を温めておく

Dollarphotoclub_84973501

また、クレンジング剤はあまり肌にいいものではありません。なのでなるべく肌にのせておく時間は少ないほうがいいですよね。

そのためにもあらかじめクレンジング剤を温めておくのがおすすめなんです。

ジェルタイプなどは肌にのせて馴染むまで少し時間がかかります。

その間肌の上で余分に馴染ませないといけません。温めておけば、はじめから柔らかい状態なのでメイク汚れに素早く反応して馴染んでくれます。

クレンジング剤でマッサージするとくすみの原因に

クレンジング剤でついでにマッサージなんて絶対にやってダメですよ。くすみの原因になってしまいます。

3、その日の肌の状態に合わせてクレンジングは変えましょう。

Dollarphotoclub_79276375

メイクの濃さやその日の状態に合わせてクレンジングを変えるのも大切なことです。

オイルクレンジングでスペシャルケア

ちょっとメイクが濃いときなどは洗浄力の高いオイルクレンジングなどがおすすめです。

またオイルは毛穴の角質を溶かし落としてくれるのでスペシャルケアとして考えて、たまにつかうといいですね。

生理前はミルククリームなどの優しいタイプ

また、生理前などは肌が敏感になりがちです。そんな時はミルクやクリームなどの優しいタイプをつかうなどして肌と体の状態でクレンジングを選びましょう。常備2~3種類あると、対応できるとおもいます。

くすみのないツヤのある美肌を目指しましょう

クレンジングを肌の状態に合わせて変えたり、ポイントメイクは先におとしておくなどのちょっとしたコツで本当に肌は変わります。

くすみのないつやのある美肌を目指しましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

Comp_81562054

2016.1.10

40代でも大人気。もこもこのムートンブーツを履きこなそう。

冬の靴と言えば、ムートンブーツ!真冬は、もっぱらムートンブーツを手放せない女性は多いはず。 冬になると履きたくなる、あったかくてモコモコと…

ページ上部へ戻る