40代以上でできる節約術

Woman Shaking Piggybank

いつの年齢になってもお金はできるだけたくさんあるに越したことはないですよね。
年齢が重ねば、結婚している方は家族も増えて、その分養育費などもかかりますし、住宅ローンの支払いに追われて家計をやりくりしているという家庭もオオいのではないでしょうか?お金があればもっと幸せになるのにということを期待して宝くじを購入することもあります。
そんな私もお金がもっとあればいいなと思っていたうちの1人です。
そんな私が実践している節約術というものをご紹介いたします。

<貯金術>

Comp_85635964
まず、貯金術ですがあらかじめ生活費を決めている家庭も多いと思いますが、毎月1割は月初で貯金に回します。
というのも、お金は魔力があると私は考えているため、お財布にあればある分だけ気持ちが大きくなりついつい無駄遣いをしてしまいます。

■欲望に流されない

もしお財布に月末で5000円残っていた場合、5000円くらいならまあ貯金してもさほどたまらないからいいやと、フードコートで外食をする人やセールになっている洋服を購入してしまうという人もいると思います。
ただ、節約で一番大事なのは、セール品や外食を欲望に流されることなく自分の意思で購入することや、貯めることです。月末で5000円も残していることはそもそもあなたの努力であり、すごいことというのを自覚してください。
努力したからこそ、残った金額。だからセール品やちょっとした外食などの軽い気持ちで使わず何か目的のものがあるならばそれが買える金額まで意地でも貯めるという気持ちを持つことが大事です。

<節約術>

Comp_88401774
そして、経済学を学んでいた私の節約術というのがあります。
それは、2つの商品で迷った場合は金額の高い方を購入するということです。

■理由:1

1つ目の理由は、性能です。高いものと安いものはそれぞれ理由があります。そして、高いものを購入してすぐに壊れてしまったのであれば、その商品より安いものは自動的に使っていないものでもどうせすぐ潰れていたという判断になります。高価なものは安いものより丈夫であり、高性能なことが多いです。なので、高いのを買って失敗したならば、その時迷っていたやすい方はもっと早く壊れていたのではないかということです。逆に、高いものは長く使えることが多いですよ!

■理由:2

あと、2つ目は、高いものを購入すると景気が少し良くなるということです。お金を使うと企業にも利益がでますので、次に良い商品が開発できる投資につながり、ゆくゆくは自分がよいものを購入できるのです。なので、迷った時は高いものを買う!そして、セール品などの言葉に惑わされずに本当に必要なのかという目線で、購入することが40代以上の買い物のプロである女性が取り入れる考え方なのです。自然とお金は使っているのに溜まっているという循環が生み出されます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

34e4731ba409c5df2fdac696ce9df877_s

2016.2.9

ずっときれいでいるために髪のボリュームをキープする術を伝授!

ウィッグのTVCMをまだまだ自分は若いと思って他人事のように見ていたのに、鏡を見て髪の分け目が薄くなっているのに気づいて愕然としたという方も…

ページ上部へ戻る