シミに効くハイドロキノン配合の化粧品とは

Asian young beautiful woman relaxing in the beach

ハイドロキノンは、ベリー類、麦芽、コーヒー、紅茶、菌類などといった天然の成分の中に存在する物質です。
長期間、写真を現像する作業に携わる人の手が白くなることから、肌を白くする効果があると注目された成分です。
皮膚を紫外線から守る漂白効果の高い治療薬で、日本では2%までの配合が許可されています。
またハイドロキノンは、レーザー治療を行うことが不可能な肝斑の治療ににも使用することができます。

ハイドロキノンの効果

Comp_63924370
ハイドロキノンは、皮膚の表皮層の中にあるメラノサイトの活性を抑制して、メラニンが作られないようにする働きをするだけでなく、既に出来てしまったメラニンを取り除く効果があります。
それから、紫外線などの外部刺激によるチナシローゼの働きを抑制したり、睡眠不足などによって活性化されてしまうチナシローゼに対しても阻害してくれます。
その効果は、アスコルビン酸やアルブチンといった美白成分の100倍とも言われています。

使用方法や用量は守ること

ハイドロキノンは、効果が強いため使用方法や用量を誤ると、白斑ができたり、肌が赤くかぶれたり、ヒリヒリするといった症状がでます。
このような症状が肌に現れた際は、速やかに使用を中止し、皮膚科で受診をしましょう。
特に、白斑は一度出来てしまうと、治らないと言われています。

そのため、ハイドロキノンって副作用が強いから使用するのが怖いと思っている方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。
ハイドロキノンが配合されている化粧品の中で、ビーグレンは肌への負担を軽減することを考えて作られている安全性の高い化粧品です。

ビーグレンの美容液に配合されているハイドロキノン誘導体をベースとしたQusome化アルブチンは、メラニンの生成をブロックして新たなシミを作らないようにしてくれる効果があるんです。

Qusomeとは

Comp_74486244
ビーグレンが開発した国際特許取得の独自の浸透テクノロジーで、美容成分を肌の角質層まで浸透させることができる技術です。皮脂に近い成分で出来た超微小カプセルで、ハイドロキノンを包み込むことで、肌の奥まで、浸透する凄い技術なんです。
特に、ビーグレンのハイドロキノンは通常のハイドロキノンと比べると、最大で10倍もの浸透力があるため、効果を実感しやすいのが特徴です。
既に出来てしまったシミを薄くしてくれる美白クリームと併用すると、諦めていたシミが薄くなってくるのが、分かります!

ビーグレンの特徴

ビーグレンは、配合されているハイドロキノンの濃度は、1.9%ですが、皮膚かで処方される濃度の高いハイドロキノンよりも肌への刺激が少ないのに浸透率が高いのが特徴です。
出来てしまったシミに悩んでいる方は、一度ビーグレンを試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

Comp_95641298

2015.12.23

ヨーグルトパックで手軽に効果的に若返る

ヨーグルトにはお肌にいいものがたくさん含まれているのですが、なかでも注目なのがフルーツ酸と乳清です。フルーツ酸には古くなった角質層をとりのぞ…

ページ上部へ戻る