オトナ女性の筋トレ法 ~vol.1 ダンベル体操~

danberu

このところ二の腕のたるみが気になってきたり、ふくらはぎのお肉がぷよぷよしている、などといった悩みを抱えている方には、ダンベル体操をおすすめします。

ダンベル=筋肉ムキムキではない

ダンベルと聞くと筋肉がムキムキとなってしまうイメージを持たれてるかもしれませんが、ダンベルを使ったエクササイズを取り入れれば、たるんだ二の腕やぷよぷよのお腹の脂肪も、効率よくとることができるのです。決して、ジムに通って筋肉が発達しているような男性のようにはなりませんし、反対に軽い運動をたくさんすることによって、より女性らしい引き締まったボディラインを作ることが出来ます。

引き締まった美しい体作りのためには、軽い運動をたくさんの回数をこなすことがポイントですので、ダイエットを目指している女性たちには、まさにダンベルでの体操はぴったりと言えるでしょう。

初心者はまず1kgのダンベルから

danberu1kg

軽い運動を続けることによって良い筋肉がついてきますが、これは体のラインを整えるだけではなく、新陳代謝が活発化して脂肪が燃えやすい体になるということなのです。ダンベルは500gくらいのものから販売されておりますが、100円均一でも売られていますので、コストパフォーマンス的にもお手軽な運動法と言えます。カラーもさまざまに取り揃えられていますので、あなたの好きな色を選んで、テンションを上げながらエクササイズをしてみましょう。

ダンベル体操の初心者の方には1kgからの重さのダンベルがおすすめです。あまり重たいものですと、本来のダンベル体操には向いていませんし、ストレスを感じてしまって長続きが出来なくなってしまうかもしれないからです。ダンベルは重ければいいというものではないのです。だんだんとダンベルに慣れてきましたら、ご自分の体型や筋肉量に合わせて、重さや大きさを調整をしていくのもいいでしょう。

重要なのは回数よりも呼吸法

kokyuuhou

ダンベル体操で一番重要なことは呼吸法と言われています。気になる部分に力を入れて引き締める動作をする際には、決して息をとめてはいけません。息を大きく吸ってそしてお腹から息を吐くという呼吸を、運動をしながら繰り返していきます。これにより、硬くなっている筋肉に酸素がより多く運ばれるようになり、全身の新陳代謝が活発になっていくのです。

痩せたい部分や引き締めたい部分の筋肉を、より意識しながらダンベル体操を行うとより効果的です。こういった美しい体つきになってみたい、というイメージを持って行うのもダンベル体操には大切なことです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FacebookやTwitterでも更新情報を発信しています。ぜひフォローをお願い致します。
☆関連サイト☆ ~ゆめボディ~

おすすめ記事

ピックアップ記事

Cute young couple sitting together with cups and smiling

2016.1.10

中身を重視した大人の恋愛

大人の恋愛って、どんな恋愛のことでしょうか。 大人の恋愛とは「中身を重視したお付き合い」のことです。 外見がかっこいいとかかわいいなどの…

ページ上部へ戻る